日経BP雑誌横断検索

日経BP雑誌横断検索

日経BP雑誌横断検索


@niftyビジネス > ビジネスデータ >  雑誌記事 > 日経BP雑誌横断検索






ビジネスポータル

@niftyビジネス

ニフティ提供のビジネスマン向け情報サイト。すぐに使える仕事術、トレンドを独自編集で毎日配信。経済、IT、新商品など充実の最新ニュースと企業の与信情報もご提供!

@niftyビジネス


日経BP雑誌横断検索とは?

日経BP社が発行する雑誌記事を検索・閲覧できるサービスです。 探したいキーワードを入力するだけで、そのキーワードが含まれる記事を一覧で表示し、見たい雑誌記事の本文を表示できます。
検索できる日経BPの雑誌は約30誌にのぼり、同時に朝日新聞や読売新聞など全国紙や各地方紙の他、専門誌やAERAなどの 雑誌記事も検索する事ができます。

日経BP雑誌を検索
こんなに凄い!日経BP雑誌横断検索
その1 多彩な分野のビジネス情報を収録
日経BPが扱う雑誌には幅広いビジネス分野が含まれています。ビジネス全般から医療、建築・土木、電子・機械、サービスなど、 様々な分野のデータを扱うことにより、ビジネス情報の収集力をより強化できます。
豊富なビジネス分野
その2 分析された雑誌情報がビジネスに役立つ
雑誌記事の特長は何といっても分析・整理された情報が記事に詰まっているところです。
何か問題があって記事検索をした場合、ライターにより分析された記事を読めば、問題への理解が一段と早くなります。
また、記事の中からビジネスのアイデアやヒントを得たり、問題の解決策が見つかる事もあります。

さらに、本サービスからも検索できる新聞記事と合わると、過去から現在までの関連記事を読む事ができ、その背景の情報、関連する事象、現在に至るまでの経緯が分ります。
新聞と雑誌を合わせて検索
雑誌記事で解説を、新聞記事で
その3 趣味や実用にも
日経BPの記事はビジネスの堅苦しい記事だけではありません。雑誌ならではの日常生活で役立つ情報が、記事にまとめられていて便利です。

たとえば、検索キーワードを「腰痛予防」として検索すると、「日経レストラン」や「日経ベンチャー」で、腰痛予防と回復を特集した記事が見つかりました。
趣味や実用にも
日常の疑問を記事検索で解決!
日経BP雑誌横断検索の収録誌一覧

●ビジネス関連雑誌
日経ビジネス 97/09/08号〜 日経ベンチャー 99/04号〜
日経エコロジー 99/07創刊号〜 日経アドバンテージ(休刊)2003/05創刊号〜2004/06号
●コンピュータ関連雑誌
日経コンピュータ 98/3/2号〜 日経情報ストラテジー 98/05号〜
日経SYSTEMS 98/11号〜 日経ソリューションビジネス 98/1/23号〜
日経Windowsプロ(休刊)99/07号〜2006/01号 日経インターネットソリューション(休刊)98/05号〜2004/01号
日経ソフトウエア 99/07号〜 日経Linux 99/10創刊号〜
日経IT21(休刊)2001/07創刊号〜2003/02号 日経ITプロフェッショナル(統合→日経SYSTEMS)2002/06創刊号〜2006/03号
●パソコン関連雑誌
日経パソコン 97/10/06号〜 日経バイト(休刊)98/08号〜2006/01号
日経MAC(休刊)2000/03〜12号
●ネットワーク関連雑誌
日経コミュニケーション 98/01/05号〜 日経ネットビジネス(休刊)97/04号〜2003/01号
日経NETWORK 2000/05創刊号〜
●電子・機械関連雑誌
日経エレクトロニクス 98/08/10号〜 日経ものづくり 98/08号〜
日経マイクロデバイス 98/01号〜 日経デジタル・エンジニアリング99/01号〜2003/03号
●建設・土木関連雑誌
日経アーキテクチュア 99/04/05号〜 日経コンストラクション 98/07/24号〜
日経ホームビルダー 99/07創刊号〜
●サービス関連雑誌
日経デザイン 99/01号〜 日経レストラン 99/04号〜
日経食品マーケット(休刊)2003/07創刊号〜2004/07号
●医療関連雑誌
日経ヘルスケア 99/04号〜 日経ドラッグインフォメーション 2000/01/10号〜
日経バイオビジネス(休刊)2001/06創刊号〜2006/01号

提供料金

見出し一覧表示 10円/件+税
全文表示 200円/件+税
日経BP社以外の新聞・雑誌記事料金 利用料金一覧をご参照ください
サービス提供時間 24時間
検索項目 記事タイトル中の文字列
記事タイトル及び本文中の文字列
掲載日付
プロデューサー 日経BP社

ご利用上の注意

サービス利用には「@nifty ID」または「@niftyユーザー名」が必要です

このサービスは、@nifty IDまたは@niftyユーザー名法人コンテンツコースIDをお持ちの方がご利用いただけます。お持ちでない方は、@niftyユーザー名または、法人コンテンツコースへ登録することにより、ご利用いただけます。

 

@niftyユーザー名は、「登録無料」「月額料金無料」

登録料金、月額料金無料の「@niftyユーザー名」を取得すれば、「誰でも」サービスをご利用いただけます。法人単位でのご利用は「法人コンテンツコース」に登録して頂ければ非常に便利です。大切なお買物も@niftyでなら安心です。

 

IDの登録はこちらから

【登録無料】@niftyユーザー名を登録
【法人向け】法人コンテンツコース


データベースに関する諸注意は以下をご参考ください