• トップ
  • リリース
  • Slash Fintechが、Mantle Networkとの約25万ドルのSVLとMNTのトークンスワップによって日本市場での戦略的パートナーシップを強化へ

プレスリリース

  • 記事画像1

Slash Fintechが、Mantle Networkとの約25万ドルのSVLとMNTのトークンスワップによって日本市場での戦略的パートナーシップを強化へ

(PR TIMES) 2024年05月01日(水)00時40分配信 PR TIMES


Slash Fintech Limited(本社:British Virgin Island、代表取締役 佐藤伸介、以下「当社」)は、Mantle Networkと戦略的パートナーシップを強化にむけた約25万ドルのSVLとMNTのトークンスワップを実施することをお知らせいたします。
[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/113938/37/113938-37-789c6fca0c396daa48f8c3dd04ae6247-1874x1052.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

SVLとMNTのトークンスワップについて
Slashエコシステムにおいては、Mantle Network上にガバナンストークンであるSlash Vision Labs Token(SVL)が発行され、SVLのステーカーはその証明として、Slash Vision Portal( https://portal.slash.vision/ )を活用して、SVL TimeLock NFTを保有します。


SVL TimeLock NFTは、AliceやGenesis NFT、VeryLongSlash NFT(SBT)など、私たちがホワイトリスト化したMantle Network上のNFTをKeyとしてSVLをステーキングすることで、付与されます。


また、Slash PaymentやSlash Cardの収益の100%をMantle NetworkのネイティブトークンであるMNTの市場からの買い上げに使用し、そのMNTをSVL TimeLock NFTホルダーに還元するエコシステムの構築を私たちは目指しています。


このようにブロックチェーンの相互運用性を活用することで、様々なエコシステムとの連携を実現することが期待され、SlashエコシステムにおいてMantle Networkは必要不可欠な存在であると言えます。


今回のSVLとMNTのトークンスワップを通じて、日本をはじめとしたアジア市場でのパートナーシップを強化すると同時に、SlashとMantle Networkが連携したエコシステムの発展を推進してまいります。
Mantleについて
Mantleエコシステムは、Mantle Network、Mantleガバナンス、Mantleトレジャリー、Mantle LSPで構成されてます。 Mantleトークン (MNT) は、エコシステムのガバナンストークンとして機能し、Mantle Networkと将来のプロダクトを強化します。


最初のコアプロダクトであるMantle Network は、スケーラビリティと柔軟性を実現するモジュラーアーキテクチャを採用しています。Mantleトークン所有者は、投票を通じてエコシステムの発展に対して発言権を持っています。


エコシステム内でのイノベーションと開発をサポートするために、MantleはMantleグラントプログラムと2億ドルの資本プールであるMantle EcoFundを運営しています。MantleのShowcase Appsプログラムは、RWAを含むさまざまなカテゴリのプロジェクトに焦点を当てています。


Slash Fintech Limited 会社概要
Slash Fintech Limitedは、暗号資産決済「Slash Payment」の提供を2022年8月より開始しました。導入店舗は暗号資産ウォレットでログイン後、売上受取の設定を4種類のステーブルコインから選択し、コントラクトの発行を行うだけでQRコード/APIの利用が可能です。


現在は、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Astar、Arbitrum One、Optimism、Mantle Network、Oasysの9種類のブロックチェーンに対応しており、オンラインサービスとのOATマーケティング連携などを通じて、より実用的なブロックチェーンビジネスの展開をサポートしています。


2023年1月には、Astar Network/日本マイクロソフト/博報堂キースリー/AKINDOとの協業を通じて、「Astar × Slash Bounty Bootcamp Hackathon」を開催し、2023年7月25、26日開催の「WebX」におけるゴールドスポンサーとしてのブース出展など、今後も国内外における積極的な事業展開を予定しております。


企業名:Slash Fintech Limited(British Virgin Island)
所在地:4th Floor, Water’s Edge Building, Meridian Plaza, Road Town, Tortola, British Virgin Islands VG1110.
代表:代表取締役社長 Shinsuke Sato
設立:2021年11月23日
Slash Payment: https://slash.fi/
Slash Vision Labs: https://slash.vision/
Slash Vision Portal: https://portal.slash.vision/ ;
X: https://twitter.com/SlashWeb3

プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る