• トップ
  • リリース
  • Slash Fintechが、dYdXとアジア市場における相互的な事業展開の促進を目的に共同マーケティングを開始!第一弾としてGalxe NFTキャンペーンを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

Slash Fintechが、dYdXとアジア市場における相互的な事業展開の促進を目的に共同マーケティングを開始!第一弾としてGalxe NFTキャンペーンを開催

(PR TIMES) 2024年04月03日(水)17時45分配信 PR TIMES


Slash Fintech Limited(本社:British Virgin Island、代表取締役 佐藤伸介、以下「当社」)は、Perp DEX「dYdX ( https://dydx.exchange/ ) 」と、アジア市場における相互的な事業展開の促進を目的に共同マーケティングを開始し、その第一弾としてGalxe NFTキャンペーン( https://galxe.com/slash/campaign/GC4g5tTCaa )を開催することをお知らせいたします。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/113938/28/113938-28-9951baf51b25ff4debe1c912f419fd91-1583x890.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]


dYdXは、ユーザーが BTC、ETH、SOL を含む60以上の暗号資産の永久先物を取引できる分散型取引所(Perp DEX)です。プラットフォームを完全に分散化する取り組みの一環としてdYdXは、EthereumからCosmos SDKを使用した独自ブロックチェーン「dYdXチェーン」への移行によって、取引スループットの大幅な向上、取引コストの削減、高度で高頻度の取引ニーズに合わせたカスタマイズされたオンチェーンロジックを実現しています。


現在、dYdXでは、54の異なる取引ペアで毎日約10億ドル規模の取引が行われており、ユーザーはネイティブトークンである「dYdX」をステークすることで、dYdXの取引手数料からUSDCで収益分配を得ることができます。

[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/113938/28/113938-28-bcded8f67b5b58f980ccc45bc9e8e45e-2276x1516.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

https://www.mintscan.io/dydx/dydx-analytics/rewards


ステーキングをしているユーザーへの取引手数料からのリワードは、分散型取引所Uniswapのコミュニティにおいても議論されており、暗号資産プロジェクトが新たに採用するビジネスモデルとして注目を集めています。


当社においてもガバナンストークンSVLのステーキングを基軸としたエコシステムの構築を進めており、SVL TimeLock NFTホルダーへのステーキングリワードの定期的な配布を予定しています。

[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/113938/28/113938-28-d3807c57a40da26119757227c87d3cb7-1999x1266.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

本取組においては、各エコシステムが相互に連携し、事業シナジーの創出や最先端のビジネス知見の共有を目指しており、共同でのキャンペーンやイベントの開催を通じて、アジア市場における相互的な事業展開を促進してまいります。


キャンペーン概要
【Slash x dYdX Japan&中文社区】Collaboration OAT Campaign


Slash x dYdX Japan&中文社区 Collaboration Campaign OATホルダーから抽選で5名様にdYdX swagをプレゼントいたします。抽選結果は各XアカウントからCampaign 終了後に発表いたします。当選者には後日dYdX swagの無料コードを配布させていただきます。

※発送は4月下旬〜5月上旬を予定しています。

・キャンペーン条件

1 Follow @dYdXJapan , @dYdXChinese and @SlashWeb3 on twitter
2 Join the official Slash discord & say “Hi Alice” in Hi Alice.
3 Like & RT our collaboration campaign Tweet
4 Claim collaboration OAT

https://galxe.com/slash/campaign/GC4g5tTCaa

dYdXについて
dYdXは、ユーザーが BTC、ETH、SOL を含む60以上の暗号資産の永久先物を取引できる分散型取引所(Perp DEX)です。プラットフォームを完全に分散化する取り組みの一環としてdYdXは、EthereumからCosmos SDKを使用した独自ブロックチェーン「dYdXチェーン」への移行によって、取引スループットの大幅な向上、取引コストの削減、高度で高頻度の取引ニーズに合わせたカスタマイズされたオンチェーンロジックを実現しています。
Slash Fintech Limited 会社概要
Slash Fintech Limitedは、暗号資産決済「Slash Payment」の提供を2022年8月より開始しました。導入店舗は暗号資産ウォレットでログイン後、売上受取の設定を4種類のステーブルコインから選択し、コントラクトの発行を行うだけでQRコード/APIの利用が可能です。


現在は、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Astar、Arbitrum One、Optimism、Mantle Network、Oasysの9種類のブロックチェーンに対応しており、オンラインサービスとのOATマーケティング連携などを通じて、より実用的なブロックチェーンビジネスの展開をサポートしています。


2023年1月には、Astar Network/日本マイクロソフト/博報堂キースリー/AKINDOとの協業を通じて、「Astar × Slash Bounty Bootcamp Hackathon」を開催し、2023年7月25、26日開催の「WebX」におけるゴールドスポンサーとしてのブース出展など、今後も国内外における積極的な事業展開を予定しております。


企業名:Slash Fintech Limited(British Virgin Island)
所在地:4th Floor, Water’s Edge Building, Meridian Plaza, Road Town, Tortola, British Virgin Islands VG1110.
代表:代表取締役社長 Shinsuke Sato
設立:2021年11月23日
Slash Payment: https://slash.fi/
Slash Vision Labs: https://slash.vision/
Slash Vision Portal: https://portal.slash.vision/ ;
White paper:https://slash-fi.gitbook.io/docs/whitepaper/slash-project-white-paper
Twitter:https://twitter.com/SlashWeb3



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る