• トップ
  • リリース
  • デジタルマイニング時代収益を最大化させるSwarm・Sinsoのデュアルマイニングが可能に

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

デジタルマイニング時代収益を最大化させるSwarm・Sinsoのデュアルマイニングが可能に

(@Press) 2021年07月07日(水)14時00分配信 @Press

Beta.B Global PRは、デジタルマイニング時代収益を最大化させるSwarm・Sinsoのデュアルマイニングが2021年8月2日から実現されることをSinsoTech公式にて発表いたしました。


仮想通貨マーケットの継続的成長に伴い、マイニングは投資者に最も原始的な仮想通貨の獲得というポジションから産業全体の最上流へ引き上げる事を可能にいたしました。仮想通貨の価値が急速に成長する時、マイニングもまた安定した高収入を得る事ができ、マイニング機材やマイニング場は固定資産にもなり、これらのメリットによってマイニングがより多くの投資者の選択肢となっています。
現在、サプライチェーン上流にあるマイニング産業は多くのチャレンジに直面しています。リスクをどのように回避するか、マイニング収益をどのように保証するか、業界を持続可能な形で発展させる方法などが、今解決すべき問題として挙げられます。
マイニングにおいて、もっとも関心が高いのは安定収益とリターンである事は間違いないと存じます。マイニング種類が豊富で、マイニング方式に関しても複雑になってきています。マイニング機材は常に更新交代を繰り返しています。数年前は、ビットコインのマイニングが皆の最も関心のある話題の1つでしたが、今はマーケットによりユニークな、Filecoin、,Chia、,Swarmマイニングのような仮想通貨マイニングが出現しています。ここ数日、Coinlistが公募を行った際は約150万人が列を作り、コイン市場の過熱現象となりましたが、Swarmにおいても知名度は高く、多くの人が注目するプロジェクトです。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/266212/LL_img_266212_1.jpeg
Swarm/BZZ

■Swarmマイニングとは?
Swarmは、イーサリアム(ETH)創始者Vitalik Buterinがイーサリアムをリリース前の2015年に研究開発に取り組んでいたプロジェクトであり、イーサリアムオフィシャルプロジェクトの一部として、イーサリアムブロックチェーンのプロトコル及び技術が用いられより良い実効性を備えています。イーサリアム Swarmの公式発表によると、Swarmマイニングは2021年8月2日に始まります。

Swarmはインターネットサービスにおいて分散型のストレージ及び通信システムに用いられ、ユーザー群はSwarmノードを通じてSwarmネットワークからインターネットのデータストレージお及び分散送信技術アプリケーションを実行します。Filecoinと似た形で、Swarmは主にイーサリアムブロックチェーン、インターネットにDDoS攻撃に対する耐性を提供し、ゼロサーバーダウン・強耐性・自己維持といったストレージ・サーバーサービスのソリューションとなります。

Swarmは点対点(Point to Point)のノードネットワークシステムで、公式に発行される仮想通貨はBZZコインと呼ばれ、Swarmネットワーク及びイーサリアムネットワークでの機能性支払いに用いられます。各Swarmノードは、アフィリエイトレイヤーのトップ実行者であり、同時に利益享受者でもあります。透明のSwarmネットワークを通じて、BZZコインは合理的な分配方式を実行し、点対点および協業する全てのモードと結合し、デジタル金融システムの発展および最適化を促進します。

BZZコインとは
BZZ コインはSwarmプロジェクト開発およびアプリ機能におけるアフィリエイトの意味合いを持ち、同時にSwarmマイニングプロジェクトのリワードとして、Swarmネットワークの最適化およびブロックチェーン開発を促進する。BZZコインはSwarmネットワーク上の一種のリワードコインであり、支払および等価交換に使う事ができる。


■Sinso とは
SinsoはFilecoinエコシステム中のスター級プロジェクトである。Sinsoは将来的に分散型医療ベース設備フレームワークを人類に提供します。Sinsoプロジェクトは分布式ストレージアプリケーションエコシステムのプロジェクトで、大量の医療データの保存を必要とするようなケースで、Sinsoが提供するテンプレートを用いて個人医療データのNFTを生成し、データを秘匿化し個人の健康データのセキュリティ・プライバシーと自主性を保障します。これを基礎とした上で1つの医療データNFT分散型マーケットを構築し、個人医療データの取引の実現も可能にします。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/266212/LL_img_266212_2.jpeg
Sinso Technical Framework

■Swarm・Sinsoデュアルマイニングとは
収益を最大化させるSwarm・Sinsoのデュアルマイニングが2021年8月2日から開始することをSinsoTech公式にて発表いたしました。Sinsoはよりデータマイニングに重きを置き、Filecoinのストレージ容量が既にBaselineを越えた事により(※Filecoin経済学の公式による算出。約3.8EBのBaseline容量)、Filecoinのアプリケーションエコシステムはより、アプリケーションを育成していきます。また、有効データとのチェーン接続・連結も今後の重点的な課題となっていきます。Sinsoはまた、Filecoinオフィシャルのブースターキャンプの中で唯一の医療プロジェクトであり、Top11にノミネートされています。
Sinsoはエコノミーモデル設計において2つのレイヤーにおけるマイニング参加の役割があります。1つはストレージパートナーマイニングで、Filecoin Plusプランの中でSinsoと共に10倍の有効データマイニングをシェアする事。もう1つはホットデータマイニングです。ホットデータマイニングは、ホットデータの交換を増やす事でSinsoコインを分配することです。
DAPPエコシステムの中で基礎インフラレイヤーはまだ完全ではなく、Sinsoは分散型ホットデータ交換レイヤーを用いて中央集権型データバッファフレームワークを代替しています。これによりDAPPの安全性と分散型特性を保っています。

Swarm体系において、当面のマイニング収益はビーバックノードが配信するデータから来るもので、Swarmはコールドローンチ問題を解決するため、FilecoinがBaselineで以前実行した行動と非常に似た、ランダムに生成されたデータによりマイニング参加者が積極的にネットワーク建設に参加する事を促します。

しかしビーバックノードの世界的数量は非常に少なく、Swarmノードの大半が多くの場合タスク待ち状態になり、オーダー獲得入札モードの状態とみなすことが出来ます。そのため、SinsoはSwarmノードの助けを借り少量のSinsoホットデータマイニングノードを設置し、Swarmと共にデュアルマイニングモードを構築します。これにより、Swarmの収益を下げずにSinsoコインによる収入の増加が見込めます。

初期段階でSinsoノードはSwarmと一緒に販売され、Sinsoノードがより多くなり知名度も上がっていき約1年後にはリアルな実業務データ量も向上し、デュアルマイニングフレームワークによる収益も合理的水準に達します。

現在は、いまだにSinsoとSwarmデュアルマイニングの最適な時期です。Swarmは安定した収益を獲得でき、Sinsoは一定期間の後マイニング参加者により多くのサプライズをもたらします。1台のマイニング設備で2つのスター級コインプロジェクトをマイニングできる、まさに一石二鳥のプロジェクトです。


■SwarmとSinsoノードの予約販売について
マイニング参加者は10Swarmノード購入毎に、無料でSinsoノードを1つ受け取る事ができます。
例)100 Swarmノード購入→10 Sinsoノードを無料で獲得。マイニング参加者はSinsoノードを有料で購入する必要は無く、Swarm購入者は満額の計算パワーを獲得することができ、Sinsoノードを建設する事で減衰することはありません。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る