プレスリリース


6月の角川新書は、深刻の一途をたどる国家の腐敗をつまびらかにし、改革案を提示する作品が一堂に会す!!  禍根をいかにして断ち切るか『官邸の暴走』、ゴーンの逃亡は必然だった『人質司法』など計3作品


6月の角川新書は、深刻の一途をたどる国家の腐敗をつまびらかにし、改革案を提示する作品が一堂に会す!!  禍根をいかにして断ち切るか『官邸の暴走』、ゴーンの逃亡は必然だった『人質司法』など計3作品

記事本文に戻る  閉じる