• トップ
  • リリース
  • IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 シーズン2 冬季競技選の登場が決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 シーズン2 冬季競技選の登場が決定!

(PR TIMES) 2017年04月18日(火)10時15分配信 PR TIMES

ヘンリエッタ・ファルカショバ & ナタリア・シュブルトバ(スロバキア/アルペンスキー)


WOWOW が、IPC(国際パラリンピック委員会)と共同で立ち上げた、パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO IAM」。リオパラリンピックが開催された2016 年から、東京パラリンピックが開催される2020 年まで、5 年にわたり世界中のトップ選手たちを描く型シリーズ。選手たちが放つ、「これが自分だ!」という輝きは、観る者を圧倒的に惹きつける。
シリーズ立ち上げとなった昨年の「シーズン1」では、世界7ヵ国8名のメダリストのリオパラリンピックまでの軌跡を密着取材し放送。現在も、映画祭での上映や、配信、教材としての講演活動などの展開を実施している。公式サイトでは、登場選手情報や、トレーラーなどのVTR、選手写真などをご覧いただける。
2017年に放送スタートする「シーズン2」も8人の選手が登場する予定で、先月末に1人目の選手、「パラリンピックに舞い戻った3度の世界女王」メリッサ・ストックウェル(アメリカ/トライアスロン)を発表した。
2番目に発表するのは、シリーズ初となる冬季競技選手が決定!スロバキアより、アルペンスキー視覚障害クラスにおいて「5 度のパラリンピック女王ペア」ヘンリエッタ・ファルカショバ & ナタリア・シュブルトバが登場!パラアルペンスキーは位・座位・視覚障害の3つのクラスに分かれており、視覚障害クラスは、目の見えるガイドスキーヤーが前を滑り音声によるサポートを行い、ペアで出場する。
ガイドスキーヤーとともに、速く、美しく、激しく滑るパフォーマンスは圧巻!
[画像1: https://prtimes.jp/i/1355/3659/resize/d1355-3659-569780-0.jpg ]

追加選も随時発表予定。乞うご期待!

【5度のパラリンピック王ペア】
ヘンリエッタ・ファルカショバ & ナタリア・シュブルトバ(スロバキア/アルペンスキー)
バンクーバーパラリンピック:×3・銀×1 ソチパラリンピック:×2・銅×1
ヘンリエッタ・ファルカショバは1986 年5月23日 生まれ、スロバキア・ロジュニャヴァに生まれる。生まれつき視覚に障害があるが、光やは識別できる。網膜が弱いため幼い頃は全盲にならないよう医師からスポーツをめられていたという。しかし17 歳の時、スキー教室でその才能を初められ、競技の世界へ。
2006 年にトリノパラリンピックに初出場するも失格だったヘンリエッタだが、2008 年に現ガイドスキーヤーのナタリア・シュブルトバと出会うことで快進撃が始まる。ワールドカップをはじめ数々の国際会を制し、2010 年バンクーバーパラリンピックではメダル3枚、銀メダル1枚を獲得。2014 年ソチでも、メダル2枚、銅メダル1枚を獲得した。キャリアを脅かす怪我なども乗り越え、深い絆と熟練されたコンビネーションを武器に、5度のパラリンピック王ペアは、2018 年3 、ピョンチャンパラリンピックへと挑む。
[画像2: https://prtimes.jp/i/1355/3659/resize/d1355-3659-634636-1.jpg ]


◆IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 シーズン2
2017 年秋以降放送予定
◆IPC&WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」 シーズン1(全8回)
ナビゲーター&ナレーター:島秀俊/楽:梁邦彦/フォトグラファー:新桂
随時再放送中&WOWOW メンバーズオンデマンド好評配信中
マールー・ファン・ライン(オランダ/陸上)4 27 ()午前4:00 [WOWOWプライム]
ダニエル・ディアス(ブラジル/水泳)5月3日(水・祝)午前6:00 [WOWOWプライム]
◆公式サイト wowow.bs/whoiam
◆公式Twitter & Instagram @WOWOWParalympic #WhoIAm



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る