• トップ
  • リリース
  • エリック・クラプトンと盟友J.J.ケイルとの共演!21世紀のクラプトン・ツアーで“伝説”とうたわれる最高のステージをWOWOWがお届け!

プレスリリース

  • 記事画像1

エリック・クラプトンと盟友J.J.ケイルとの共演!21世紀のクラプトン・ツアーで“伝説”とうたわれる最高のステージをWOWOWがお届け!

(PR TIMES) 2017年03月08日(水)10時52分配信 PR TIMES

エリック・クラプトン ライブ・イン・サンディエゴ with J.J.ケイル 2007 3月12日(日)夜10:00[WOWOWライブ]


[画像: https://prtimes.jp/i/1355/3582/resize/d1355-3582-278753-0.jpg ]

 末梢神経損傷のため思うようにギターを弾けなくなったなどの理由でツアーからの引退を表明したのは残念なニュースだが、それでも2016年4月の東京・日本武道館公演では滋味あふれる円熟のプレーで日本のファンを沸かせてくれたエリック・クラプトン。そんな彼が2007年3月15日にサンディエゴで行なったライブをお届けする。
 前年からスタートしたワールドツアーは、若手三大ギタリストのひとりとして注目され始めていたデレク・トラックスの抜擢や強力な黒人リズムセクションの起用などで注目された。加えてこのサンディエゴ公演にはクラプトンが敬愛する今は亡きJ.J.ケイルがゲスト出演し「アフター・ミッドナイト」「コカイン」など5曲で共演。熱心なファンの間では“21世紀最高のクラプトン・ライブ”ともいわれている。デレクの強烈なスライドギターに呼応し、より力のこもった歌とギターを聴かせるクラプトンがとても頼もしい。


■■■WOWOW番組情報■■■
エリック・クラプトン ライブ・イン・サンディエゴ with J.J.ケイル 2007
3月12日(日)夜10:00[WOWOWライブ]
収録日:2007年3月15日
収録場所:アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ アイペイワン・センター
楽 曲:Tell the Truth/Got to Get Better in a Little While/Anyday/Any Way the Wind Blows(w/J.J.Cale)/After Midnight(w/J.J.Cale)/Who Am I Telling You(w/J.J.Cale)/Don't Cry Sister(w/J.J.Cale)/Cocaine(w/J.J.Cale)/Motherless Children/Further on Up the Road/Wonderful Tonight/Layla/Crossroads
※曲目は予定です。
http://www.wowow.co.jp/detail/110359/-/01

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る