• トップ
  • リリース
  • 「バンドを含めて日本を代表する音楽でありたいと思っています」と語る女性ロックシンガー浜田麻里の即日完売となった東京公演の思いに直撃!公演の模様はWOWOWで独占放送!本人によるインタビュー映像公開!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

「バンドを含めて日本を代表する音楽でありたいと思っています」と語る女性ロックシンガー浜田麻里の即日完売となった東京公演の思いに直撃!公演の模様はWOWOWで独占放送!本人によるインタビュー映像公開!

(PR TIMES) 2016年09月14日(水)14時40分配信 PR TIMES

浜田麻里 Mari Hamada Tour 2016 “Mission” 9月25日(日)夜9:00[WOWOWライブ]


 女性ロックシンガーとして1980年代から日本のロックシーンをリードしてきた浜田麻里。2013年にデビュー30周年を迎え、オールタイムベスト的な選曲のツアーを成功させ、2014年から2015年にかけてもSUMMER SONICなどのフェスにも多数出演するなど、常にチャレンジをし続けている。2016年1月、MR.BIGのビリー・シーンをはじめ、高崎晃、マイケル・ランドウなどがゲストミュージシャンとして参加した25枚目のオリジナルアルバム『Mission』をリリース。そして3月から同アルバムを引っさげての全国ツアー「Mari Hamada Tour “2016 “Mission”」を行った。5月29日には東京国際フォーラム ホールAで行われたが、この公演の模様がWOWOWで放送されることが決定。そこで、浜田麻里にこの日の公演を振り返ってもらった。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1355/3325/resize/d1355-3325-715897-2.jpg ]

—今回の「Mari Hamada Tour 2016 “Mission”」は、タイトル通り、最新アルバム『Mission』のリリースに伴うツアーということで、同アルバム収録曲がセットリストの軸になっていたと思いますが、ライブのMCで「『Mission』は自分と真正面で向き合った作品」ともおっしゃっていましたね。

浜田麻里(以下、浜田):はい。大人になった自分がしっかりと作る“マスターピース”になり得る作品で、音に関しては“モダンなハードロック”というところに軸を置いて作りました。1枚1枚、アルバムを作るごとに自分の中のハードルが上がっていきますが、30周年をみなさんに盛り立ててもらって、そのアニバーサリーイヤーをいい形で終わらせていただいた後のオリジナルアルバムということで、自分の中の“クリアしなければならない目標ライン”もより高くなっていました。それをクリアするために日々邁進してきまして、なんとか合格ラインに達することができたんじゃないかなって思います。


—浜田さんらしく、今回も新しい挑戦がたくさん盛り込まれた作品になっているのを感じました。
浜田:やはり攻めの姿勢で行きたいなというのは意識していました。クオリティーの高い音楽というのはもちろんですが、音楽的に面白いものというか、キャッチーな曲もありつつ、基本ラインはかなり複雑で、変拍子とか転調とかを多用した楽曲が多いアルバムになりました。

—複雑な構成だったり、テクニカルなフレーズだったり、ライブで再現するのが難しそうな曲もたくさんありますし。

浜田:そうですね(笑)。本当に難しいので、バンドのメンバーには本当に早いうちから練習してもらいましたので、苦労をみなさんにかけてしまいました。打ち合わせやリハーサルの時にも、変拍子が多いということでどんな風に表現するかをいろいろ話し合ったり、実際に音を出しながら試していったりして、なんとかツアーの初日までにほぼ満足いく形になりました。

—今回、ギタリストが3人いましたね。
浜田:そうなんです。これまでのライブでも高崎(晃)さんとか松本(孝弘)くんとかがスペシャルゲストとして出演してくれてトリプルギターになることはあったんですけど、レギュラーメンバーとしてギター3本というのは初めてでした。でも、常に3人ということではなくて、曲によって出たり入ったりしてもらう形で。

—3人のギタリストの個性を生かして。
浜田:はい、いろんなタイプの曲がありますから、それぞれの得意分野を生かしたいなって。あ、今回のライブのセットリストは『Mission』の曲が軸になっているんですけど、実は25作目にして初めてアルバムの曲を全てやれたツアーだったんです。これもずっとやりたかったことの一つだったので、自分の中で達成感もありますね。


[画像2: http://prtimes.jp/i/1355/3325/resize/d1355-3325-131765-4.jpg ]

—そのセットリストですが、曲順はどのように決められましたか?

浜田:いつもそうなんですけど、曲順を決めるのは苦労します。今回も何度も並び替えたりしました。中盤、「Sparks」「Dystopia」「Superior」という流れの前に衣装チェンジがあるんですけど、そのあたりのシーンで一つピークが来るようにしたいなと思いました。アルバム『Mission』を聴いていただくと1曲目の「Sparks」がライブでも1曲目に来るだろうと思う方が多かったと思うんです。でも、敢えてそれを外してみました(笑)。

—前半は純白の衣装、そして後半は真紅のドレスを。
浜田:衣装もバランスを考えて、前半と後半、対照的な感じにしてみました。長年のファンの方を含めて、すごく私っぽいって褒めてくださる方が多かったです。いつも行くアメリカのデザイナーのお店で買った衣装なんですけど、自分としてもかなり気に入っています。

—ライブの前半と後半をつなぐ部分で、アコースティックコーナーがありました。アコースティックギターと歌というシンプルな構成の「White Lies」も今回のライブの中で強く印象に残った曲の一つです。

浜田:そう言っていただけるとうれしいです。これも結果的に今回のツアーでの一つの核になりました。『Mission』はハードなサウンドの曲が多く、きっちりとアレンジも決め込んだものになっているんですけど、このアコーステックコーナーではそれとは対極の形にしてみました。極限まで音を薄くしたいと考えて、ギターの増崎(孝司)くんと2人だけでセッションみたいにフリーな形で。“歌と伴奏”ではなく、ギターもアドリブでいろんなフレーズを弾いているので、歌メロとギターのメロディーの1対1のセッションになりました。長年一緒にライブをやってきた増崎くんだから出来たことなのかなって思いますね。私も楽しかったです。

[画像3: http://prtimes.jp/i/1355/3325/resize/d1355-3325-223070-1.jpg ]

—ステージの演出に関しては、曲ごとに違う雰囲気を作り出すライティングが印象的でした。

浜田:はい、私のライブに関して、照明は一つのカギになっています。照明を担当してくださってるスタッフは1985年の『Blue Revolution』のツアーからご一緒してる方なんですけど、その時にコンピュータ制御で動かす“ムービングトラス”を日本で始めて使ったんです。ファンの人たちも、“私のライブ=トラス”というイメージがあるんじゃないかな。トラスを使うということへのこだわりはありますけど、その他はこちらも長年一緒にやってきた方なのでほぼお任せという感じです。

—30年以上のキャリアがありますが、歌声に関してもますます進化しているように感じました。“歌う”ということへの考えやボーカリストとして普段から心がけていることはありますか?

浜田:歌う人間として、喉を日々ベストな状態でいられるように気をつけています。汚い空気を吸わないようにするとか保湿をするとか、そういうのは基本中の基本なんですけど、声を出すために必要な喉回りの筋肉やお腹の筋肉を衰えさせないように気をつけています。

—長く続けてこられた秘訣というと?
浜田:歌うことに関しては、小さい頃から歌うことが自分にとって当たり前のことだと思っていました。大げさかもしれませんが、天命を受けたというか、まさに“ミッション”というか、そんな気持ちでしたね。実際は、いろんな時代がありましたけど、ありがたいことに求められている自分がいるというのが大きかったと思います。

—応援し続けてくれているファンの人の温かい気持ちもそうだと思いますが、MCで言っていた「誤解されてなんぼ、批判されてなんぼ」という気持ちも原動力になってこられたのかなって。

浜田:そうですね。デビューの時から誤解されたり批判されたりしてきましたから、それに対する負けん気の強さもあったと思います(笑)。その気持ちが“他の人が思いつかないことをしてみよう”という意識につながったと思いますし、自分の中のロックスピリットを作り上げてきたんだと思います。日本人は、他の人と同調したり、“右へならえ”みたいなところが多かったりするじゃないですか。でも、私は人と同じなのが嫌いなんです。それはデビューの頃から変わっていません。
[画像4: http://prtimes.jp/i/1355/3325/resize/d1355-3325-292296-5.jpg ]

—では、最後にWOWOW視聴者の方に、今回の放送の見所などをお願いします。

浜田:私のコンサートはお客さんに盛り上げてもらって一緒に作ってもらう感じです。この日のお客様もすごく盛り上がってくれましたし、いろんなシーンが作れたと思います。「Sparks」の時に光るリストバンドを使ったサプライズ演出があったんですけど、ステージの上の私たちは全然知らなかったんです。客席が赤に染まった光景はすごくキレイでしたね。ライブ自体も、ツアーの集大成ということで、あらゆるパワーが集約したステージになりました。バンドを含めて日本を代表する音楽でありたいと思っていますし、ライブもセルフプロデュースの女性ロックシンガーの先駆けとしての挑戦の場でもあります。放送で観ていただく方にも、そういうものが垣間見えるものになっていればいいなと思っておりますので、その辺を噛み締めて観ていただけると嬉しいです。

[画像5: http://prtimes.jp/i/1355/3325/resize/d1355-3325-712848-0.jpg ]

 この公演の模様は9月25日(日)夜9時からWOWOWで放送されることが決定した。最新アルバム『Mission』の楽曲を中心に、代表曲を織り交ぜたセットリストで臨み、日本の女性ハードロックシンガーの先駆け的存在である浜田麻里の実力と魅力がたっぷりと味わえる内容となった熱いライブは全音楽ファン必見だ。

■■■WOWOW番組情報■■■
浜田麻里 Mari Hamada Tour 2016 “Mission”
9月25日(日)夜9:00[WOWOWライブ]
収録日:2016年5月29日
収録場所:東京 東京国際フォーラム・ホールA

★浜田麻里本人の貴重なライブ映像を交えたインタビュー映像を公開!
インタビュー映像 Part1
https://youtu.be/dEg8wZZOmWU
[動画: http://www.youtube.com/watch?v=dEg8wZZOmWU ]


インタビュー映像 Part2
https://youtu.be/AOSacV-2MtE


★抽選でWOWOW加入者から100名様に浜田麻里×WOWOWオリジナルコラボTシャツ プレゼント!
★詳しくは特設サイトまで
http://www.wowow.co.jp/music/mari/

【今後の公演情報】
『billboard 主催「浜田麻里 プレミアム・シンフォニック コンサート2016」』
9/24(土) 東京・Bunkamura オーチャードホール
http://billboard-cc.com/classics/2016/07/mari-hamada2016/

―関連リンク―
浜田麻里オフィシャルサイト MARI FAMILY http://www.mari-family.com/
徳間ジャパンコミュニケーションズ http://www.tkma.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る