• トップ
  • リリース
  • 本人も感謝のメッセージ! 熱いオファーを受け、大泉洋、ついに海外で作家デビュー! 累計40万部突破の 『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』が、台湾・香港・マカオにて発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

本人も感謝のメッセージ! 熱いオファーを受け、大泉洋、ついに海外で作家デビュー! 累計40万部突破の 『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』が、台湾・香港・マカオにて発売!

(PR TIMES) 2016年12月08日(木)09時28分配信 PR TIMES

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』海外翻訳版を台湾・香港・マカオにて2017年1月に発売いたします。
大泉洋本人が、北海道を拠点に活動していた1997年から、雑誌3誌で連載・執筆していた幻の原稿108編に、『水曜どうでしょう』秘話、TEAM NACSの爆笑話、「大泉洋の在り方」についての考察、また自身の結婚の「プロポーズ」時に起きた思わず泣ける感動エピソードなど、大量書き下ろしを加え、「大泉洋が綴った16年のすべて」を一挙収録した大泉洋の<大人気エッセイ集>がこの度、台湾・香港・マカオにて翻訳発売が決定!(2013年単行本化/2015年に角川文庫化)。日本国内で本書は、エッセイとしては脅威の累計発行部数40万部を突破している。

[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2912/resize/d7006-2912-520448-0.jpg ]



海外版翻訳発売までの経緯としては、大泉のファンである台湾の編集者から、「大泉洋さんは何か特別なものを持っている人。彼の青春、仕事への情熱、何かを信じて自分や家族に向き合うこと、そういった彼の面白さが詰まったこのエッセイを広めたく、ぜひ自分の手でこの本を手掛けさせていただきたい」と熱い手紙が届いたことから進展。

マンガ家・あだち充が描いた装画はそのままに、来年1月には海外の書店に並ぶ。大泉洋節全開の饒舌なエッセイ。彼の唯一無二な“面白さ”は海を越える!

[画像2: http://prtimes.jp/i/7006/2912/resize/d7006-2912-871019-1.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/7006/2912/resize/d7006-2912-389881-2.jpg ]


[表: http://prtimes.jp/data/corp/7006/table/2912_1.jpg ]



■書誌情報

<海外版>
書 籍 名 :大泉エッセイ
出 版 社 :遠足文化事業股分有限公司 不二家出版 ※台湾の大手出版グループ
言  語:中国語繁体字
発売地域:台湾、香港、マカオ
発売予定日:2017年1月予定
定  價:400NTD(約1,300円)

<日本版>
タイトル:大泉エッセイ 〜僕が綴った16年
著  者:大泉洋
装  画:あだち充
価   格:本体680円+税
I S B N :978-4-04-102610-6
発   売:KADOKAWA



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る