• トップ
  • リリース
  • パナソニックのテレビドアホンにワイヤレスカメラとセットになったVL-SVD302KLCが登場〜センサー付屋外ワイヤレスカメラで気になる場所を見守り

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

パナソニックのテレビドアホンにワイヤレスカメラとセットになったVL-SVD302KLCが登場〜センサー付屋外ワイヤレスカメラで気になる場所を見守り

(PR TIMES) 2017年05月17日(水)11時21分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2754/resize/d3442-2754-318794-0.jpg ]

パナソニック株式会社は、テレビドアホン「VL-SVD302KL」とセンサー付屋外ワイヤレスカメラ「VL-WD712K」をセットにした「VL-SVD302KLC」を2017年5月18日(木)より発売します。

▼テレビドアホン「VL-SVD302KLC」の詳細はこちら
http://panasonic.jp/door/p-db/VL-SVD302KLC.html

近年、空き巣の被害は減少傾向にありますが、被害全体に占める戸建て住宅の割合は増加傾向を示しています。また、テレビドアホンの普及に伴い、空き巣が留守を確認する方法としてインターホンを鳴らすことが少なくなっていることから、パナソニックはワイヤレスカメラとセットになったテレビドアホンで一歩進んだホームセーフティーを提案します。
本製品に付属のワイヤレスカメラは無線でモニター親機と簡単に接続でき、おうちの気になる場所を確認することができます。また、モニター親機はSDカードに対応しており、カメラ玄関子機で録画した来訪者の動画やワイヤレスカメラで録画した連続画像(静止画)を最大3,000件(※1)保存できます。

パナソニックは、便利に見守り・かんたんホームセーフティーを実現できる本製品を幅広いユーザーに向け提案していきます。

【主な特長】
1. ワイヤレスカメラで、おうちの気になる場所を確認できる
2. 来訪者や不審者をSDカード(別売品)に動画録画(※2)できる
3. ワイヤレスカメラの専用モニターが不要

■ワイヤレスカメラで、おうちの気になる場所を確認できる
セットになったワイヤレスカメラをおうちの目の届きにくい場所に設置することで、モニター親機から簡単におうちの死角を見守ることが可能になります。カメラ玄関子機とワイヤレスカメラでおうちの表玄関と勝手口などを見守ることができて便利です。また、モニター親機からワイヤレスカメラへ音声での呼びかけも可能です。

■来訪者や不審者をSDカード(別売品)に動画録画(※2)できる
ワイヤレスカメラの映像は、モニター親機のSDカードに最大約30秒間自動録画(※2)できます。カメラ玄関子機の映像と合わせて最大3,000件(※1)録画可能です。さらに、モニター親機からワイヤレスカメラ側に呼びかけた音声も録音可能です。録画は、ワイヤレスカメラがセンサー検知をした時に自動で開始。また、モニター時の映像を手動で録画することも可能です。

※1 録画を3,000件登録するためには容量32GB以上のSDカードが必要です。
※2 ワイヤレスカメラの録画にはSDカードが必要です。

■ワイヤレスカメラの専用モニターが不要
一般的なワイヤレスカメラには専用のモニターが付属しますが、本製品はドアホンのモニター親機がワイヤレスカメラのモニターとなります。モニター設備が増えることなく、すっきりとワイヤレスカメラを導入することができます。

<関連情報>
・パナソニックのインターホン・テレビドアホン
http://panasonic.jp/door/
・パナソニックのホームセーフティー
http://panasonic.jp/door/safety/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る