• トップ
  • リリース
  • OCRエンジン「領収書/レシート認識ライブラリー」を発売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

OCRエンジン「領収書/レシート認識ライブラリー」を発売開始

(PR TIMES) 2017年04月26日(水)15時54分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2744/resize/d3442-2744-464364-0.jpg ]

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(以下、パナソニック ソリューションテクノロジー、社長:香田敏行、本社:東京都港区)は、2017年4月26日より、OCRソフト用開発キット「カラーOCRライブラリー」シリーズ「領収書/レシート認識ライブラリー」の発売を開始します。領収書とレシートの活字認識に特化した本製品を、経費精算ソフトなどに組み込むことで、経費精算業務の効率化につながります。

間接業務の効率化は企業の恒久的課題ですが、日常的に発生する経費精算の手間の軽減もその一つです。2017年1月、「電子帳簿保存法」が改正され、スマートフォンで撮影した領収書の画像が経費精算時の電子証憑として認められるようになり、原本提出・保存など、付帯作業の削減効果が期待されています。しかしながら、経理担当者にとって、領収書画像と申請内容を照合する作業は、依然として大きな負担として残っています。

そこで、パナソニック ソリューションテクノロジーでは、企業の経費精算で取り扱う機会が多い、タクシーや駐車場などの領収書・レシートの活字認識に特化したエンジンを開発しました。スマートフォンの撮影画像から日付や金額などの情報を自動的に読み取ることで、入力や目視確認にかかっていた工数を大幅に削減にできます。外出先から、スマートフォンの操作だけで、経費精算処理を完結することも可能になり、柔軟な働き方を支援します。パナソニック ソリューションテクノロジーは今後も、ICT技術を活用し、生産性向上につながる製品を提供していきます。

<主な特長>
1. POSロール紙に印字された領収書・レシートの文字認識に対応
2. スマートフォンで撮影した画像も高精度にデータ変換
3. アプリに組み込み、スマートフォン操作だけで経費精算完了

【品名】
「領収書/レシート認識ライブラリー」(OCRソフト用開発キット「カラーOCRライブラリー」シリーズ)
【用途】
ビジネスで使用する経費精算ソフト・アプリ、会計システムなどにOCR機能を組み込むための開発ツールキット
【発売開始日】
Windows版、Linux版:2017年4月26日
iOS版、Android版:2017年5月17日
【販売目標】60本/2017年度

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 マーケティング部 企画課
TEL 03-6403-5874
受付時間:9時00分〜17時30分(土・日・祝・パナソニック ソリューションテクノロジー指定休業日を除く)

【製品についてのお問い合わせ先】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 お問い合わせ受付窓口
ナビダイヤル 0570-087870
受付時間:9時00分〜17時30分(土・日・祝・パナソニック ソリューションテクノロジー指定休業日を除く)
http://www.panasonic.com/jp/business/its/ocr_sdk.html

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] OCRエンジン「領収書/レシート認識ライブラリー」を発売開始(2017年4月26日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/04/jn170426-1/jn170426-1.html

<関連情報>
・OCRソフト用開発キット「カラーOCRライブラリー」
http://www.panasonic.com/jp/business/its/ocr_sdk.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る