• トップ
  • リリース
  • パナソニックが東京・天王洲運河でプロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

パナソニックが東京・天王洲運河でプロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験を実施

(PR TIMES) 2017年04月18日(火)17時33分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2735/resize/d3442-2735-769510-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)とパナソニック映像株式会社は、2017年4月7日(金)〜8日(土)、東京都品川区の天王洲運河で、プロジェクションマッピングによる映像と照明とを連動した水辺空間の演出を行う実証実験を実施しました。

今回の実証実験は、一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会が2017年4月7日(金)〜9日(日)に開催した「天王洲キャナルフェス春 2017『ハッピー水辺フェスタ』」のイベントのひとつとして実施。使用機材は、30,000ルーメン超高輝度レーザープロジェクター(PT-RZ31KJ)を3台、ハイパワーのLEDカラー投光器(ダイナペインター2、ダイナペインター6)計12台などで、運河沿いの建物や架かる橋に映像と照明を投影・投光し、運河全体の空間演出をすることでイベントを盛り上げました。

プロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験は、水辺空間の価値向上を目的に、同地区に本社のある寺田倉庫や、テレビ東京、アートコーポレーションをはじめとするパートナー会社の協力のもと実現しました。パナソニックはB2B事業の拡大を目指し、さまざまなパートナーと協業しながらまちづくり提案を積極的に進めており、企業不動産の戦略的活用に取り組んでいます。当社は今後も、景観照明、サイネージなどの『東京都の舟運(しゅううん)プロジェクト(※)』への提案活動とも連携しながら、新たなビジネスモデル創出を推進していきます。

※『舟運プロジェクト』:東京湾沿岸、および隅田川における水辺空間の魅力向上や観光振興の促進を目的とした、東京都が推進する舟運活性化への取り組み。

<関連情報>
・【動画】パナソニックがプロジェクションマッピング・ライトアップ連動演出の実証実験を実施
https://channel.panasonic.com/jp/contents/20480/
https://www.youtube.com/watch?v=PmZ8MiMDS8I
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=PmZ8MiMDS8I ]



・パナソニック映像株式会社 公式サイト
https://panasonic.co.jp/cns/pvi/

・Fujisawaサスティナブル・スマートタウン 公式サイト
http://fujisawasst.com/JP/project/
・Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン 公式サイト
http://tsunashimasst.com/JP



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る