プレスリリース

  • 記事画像1

コンパクトステレオシステム SC-HC1000を発売

(PR TIMES) 2017年03月24日(金)15時10分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2692/resize/d3442-2692-804785-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、CDやラジオ、スマートフォンなどの音楽を再生できるほか、「サウンドジャンプリンク」や音楽ストリーミングサービス「Spotify」に対応したスリムデザインのコンパクトステレオシステム SC-HC1000を2017年5月19日より発売します。

近年、CDを超えるマスター音源に近い情報量を持つハイレゾ音源とその再生機器が普及し、スマートフォンで手軽に楽しむ人から本格的に高音質を楽しむ人までリスニングスタイルが多様化しています。そのような中、パナソニックでは2016年よりディーガをミュージックサーバーとして活用できる「サウンドジャンプリンク」をスタートし、生活にマッチしたリスニングスタイルを提案しています。
本製品は2016年発売のRSシリーズに採用したツイステッドポートを搭載し、スピーカー容積の効率化を実現。さらにマグネット強化により本体奥行102mmの薄型ボディにもかかわらず、豊かな低音再生を実現しました。雑音や歪みを抑えてクリアな音を再生するデジタルアンプ「LincsD-Amp III」と合わせリアリティのある高音質を再現します。また、サラウンド効果にイコライザー調整を加え、部屋全体によりクリアで自然な音場の広がりを実現しました。効果のレベルは2段階で、お好みに合わせて本体のボタンで簡単に切り替えられます。5枚のCDを本体に録音し、ボタン一つでお気に入りの曲が入ったCDを呼び出せる「デジタル5チェンジャー」も搭載しました。

パナソニックは本製品で、幅広い層の方々に豊かなミュージックライフを提案していきます。

<主な特長>
1. ツイステッドポート採用で薄型・コンパクトながら高音質を再現
奥行102mm×横幅420mm
2. CD5枚を録音できる「デジタル5チェンジャー」搭載
Bluetooth(R)対応&CD、ラジオなども聴け、多彩なメディアの音楽を楽しめる
3. 「サウンドジャンプリンク」及び「Spotify」対応

【品名】コンパクトステレオシステム
【品番】SC-HC1000
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2017年5月19日
【色】-K(ブラック)/-S(シルバー)
【月産台数】1,000台

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 アプライアンス社 コンシューマーマーケティングジャパン本部 広報課
電話:03-5781-4183(直通)

【商品に関するお問い合わせ先】
DIGA・オーディオお客様ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-982(受付9時〜20時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] コンパクトステレオシステム SC-HC1000を発売(2017年3月24日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/03/jn170324-3/jn170324-3.html

<関連情報>
・パナソニック ミニコンポ/スピーカーシステム
http://panasonic.jp/compo/
・パナソニック オーディオ 動作確認情報一覧
http://av.jpn.support.panasonic.com/support/audio/connect/index.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る