• トップ
  • リリース
  • 新開発のHIT(R)車載タイプがトヨタ自動車の「新型プリウスPHV」に搭載

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

新開発のHIT(R)車載タイプがトヨタ自動車の「新型プリウスPHV」に搭載

(PR TIMES) 2017年02月28日(火)14時45分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2654/resize/d3442-2654-636141-0.jpg ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、これまで住宅用、公共・産業用太陽電池モジュールの開発、製造、販売を通じて培ってきた高性能、高信頼性技術・ノウハウを生かし、太陽電池の新たな用途開拓に取り組んできました。このたび、HIT(R)車載タイプを開発し、2017年2月に発売されたトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)の「新型プリウスPHV」に採用されました。加えて、駆動用リチウムイオンバッテリーについても、2012年に発売された「プリウスPHV」に続き、パナソニック製の車載用角形リチウムイオン電池が採用されています。

パナソニック製太陽電池は、結晶シリコン基板とアモルファスシリコン膜を組み合わせた独自の構造で、高い変換効率と優れた温度特性が特長です。従来の車載用太陽電池は出力が数W〜数十Wで、12V系バッテリーの補充電や駐車中の換気電源のみに利用されていましたが、パナソニック製太陽電池の特長を生かすことにより、限られた面積の自動車ルーフでも大出力(約180W)を実現。12V系バッテリーのみならず、駆動用リチウムイオンバッテリーへの充電を可能にし、EV走行距離の延長と燃費の向上が期待できます。

さらに、「新型プリウスPHV」の流麗なボディデザインにマッチする3次曲面ガラスへのラミネート技術を開発し、先進感あふれるデザインを損うことなく、ルーフへの搭載を実現。車輌の環境性能の向上に貢献します。

パナソニックは、今後HIT(R)車載タイプの採用拡大を図り、「住宅分野」「産業分野」に加え、「車載分野」においても環境社会の実現に貢献していきます。

<特長>
1. 大出力により駆動用および12V系バッテリーの充電が可能
2. 流麗なボディデザインにマッチする3次曲面加工に対応した太陽電池モジュール
3. 2012年モデルに続き、車載用角形リチウムイオン電池を搭載

※「HIT」はパナソニックグループの登録商標です。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 新開発のHIT(R)車載タイプがトヨタ自動車の「新型プリウスPHV」に搭載(2017年2月28日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/02/jn170228-2/jn170228-2.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る