• トップ
  • リリース
  • 「住宅用」太陽電池モジュールHIT(R)「P247 α Plus/P252 α Plus」を発売

プレスリリース

  • 記事画像1

「住宅用」太陽電池モジュールHIT(R)「P247 α Plus/P252 α Plus」を発売

(PR TIMES) 2017年02月21日(火)15時22分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2636/resize/d3442-2636-231240-0.jpg ]

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、業界トップクラス(※1)の発電量の住宅用太陽電池モジュール HIT(R) P247 α Plus/P252 α Plusの受注を2017年4月19日より開始します。
国内の住宅用太陽光発電システムの市場は、2016年4月の電力小売全面自由化、エネルギーの自給自足ニーズの高まり、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及推進などを背景に、今後も堅調な需要が見込まれています。

モジュール変換効率が高く、高温特性にも優れたHIT(R)の新製品として、標準タイプ 「P247 α Plus/P252 α Plus」を発売します。HIT(R) のハーフタイプや台形タイプと組み合わせ、寄棟屋根のほか複雑な形状の屋根にもより大きな容量のシステムを設置することができます。また、パナソニック独自のPS(Push & Slide)工法で安定した施工品質を実現するとともに、モジュール間の隙間の少ない美しい外観を実現します。
本製品の受注開始と合わせPS工法の対応範囲を拡充し、新たに「支持瓦方式」にも対応します。

パナソニックはこれからも、太陽光発電システムのほか、蓄電池やHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメントシステム)など住宅用のエネルギーマネジメント関連機器のラインアップを充実し、お客様の暮らしに合わせた提案に取り組んでいきます。
本製品は、第10回【国際】「PV EXPO 2017」(会期:2017年3月1日〜3日、会場:東京ビッグサイト)に出展します。

<特長>
1. 業界トップクラス(※1)の発電量
2. モジュール25年保証(※2)(無償)保証期間トップクラス(※3)
3. 独自のPS工法でモジュール間の隙間の少ない美しい外観と安定した施工品質を実現

※1 国内の住宅用太陽光発電システム業界において。パナソニック調べ。太陽光発電システム容量1kWあたりの年間推定発電量1,188kWh/kW(大阪市、「HIT」P252 α Plus、P247 α Plus、パワーコンディショナVBPC255A6:96%(330V時)の場合。)2017年2月現在。一般社団法人 太陽光発電協会「表示ガイドライン」に基づく。
※2 対象製品:住宅用太陽電池モジュール「HIT」P252 α Plus/P247 α Plus/ハーフタイプP120 α Plus/台形タイプP70 α Plus。申請手続きが必要です。
※3 国内住宅用太陽光発電システム業界、太陽電池モジュール機器瑕疵保証において。2017年2月現在。パナソニック調べ。
※「HIT」はパナソニックグループの登録商標です。

【品名】太陽電池モジュール HIT(R) P247 α Plus/P252 α Plus
【品番】VBHN247WJ01/VBHN252WJ01
【公称最大出力】247W/252W
【モジュール変換効率】19.3%/19.6%
【希望小売価格(税抜・工事費別)】146,000円/174,500円
【販売目標】35,000セット/年(2017年度)

【お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709(受付 9:00〜20:00)
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ソーラーシステムビジネスユニット 商品営業企画部
電話:06-6908-1131(代表 受付9:00〜17:30)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース]「住宅用」太陽電池モジュールHIT(R)「P247 α Plus/P252 α Plus」を発売(2017年2月21日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/02/jn170221-1/jn170221-1.html

<関連情報>
・パナソニック 太陽光発電システム
http://sumai.panasonic.jp/solar/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る