• トップ
  • リリース
  • パナソニックがデジタル・インタラクティブ分野で世界最大規模の展示会「サウス・バイ・サウスウエスト2017」インタラクティブ部門に出展

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

パナソニックがデジタル・インタラクティブ分野で世界最大規模の展示会「サウス・バイ・サウスウエスト2017」インタラクティブ部門に出展

(PR TIMES) 2017年02月06日(月)14時17分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3442/2620/resize/d3442-2620-546935-0.jpg ]


パナソニック株式会社 アプライアンス社は、家電領域を中心とした新規事業の創出と、それをリードする人材育成の加速を目的に設置したプロジェクト「Game Changer Catapult」(以下:ゲームチェンジャーカタパルト)における取り組みの一環として、2017年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで開催される「サウス・バイ・サウスウエスト2017」のインタラクティブ部門(以下、SXSW2017インタラクティブ)(※1)に出展します。

ゲームチェンジャーカタパルトは、アプライアンス社が、社外との協創によるオープンイノベーションや、社内でのボトムアップによる新しい事業アイディアの発掘・育成を強化、推進するため、2016年7月にスタートしたプロジェクトです。事業部の枠組みを超えた自由な発想とスピード感を機軸とし「次世代の家電ビジネスを創りたい」との強い思いで、社内における事業アイディアの公募や選考会などを実施してきました。

そしてこのたび「SXSW2017インタラクティブ」にて、パナソニックブースとして8つの事業アイディアを試作品やコンセプトの形で出展します。各事業アイディアの担当者が世界各国からのイベント参加者と直接会話し、評価・意見をいただくことや、賛同者・協業パートナーを発掘することで、アイディアの精査や事業化を進める機会とします。

出展する事業アイディアはいずれも、「2025年の家電の未来」を見据え、「B to consumer」から「B to community」へと“BtoC”の概念をとらえなおし、消費者のみならずビジネスパートナーや同業他社を含めた業界全体を巻き込んだコミュニティーの創造を目指したビジネスモデルを想定しています。

今後、各事業アイディアなどについては、ゲームチェンジャーカタパルトのウェブサイトにて紹介・発信していきます。

▼パナソニック「Game Changer Catapult」(ゲームチェンジャーカタパルト)
http://gccatapult.panasonic.com/

※1:「サウス・バイ・サウスウェスト」とは
アメリカ合衆国テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるデジタル・インタラクティブや映画・音楽の分野での世界的規模の大型展示会。1987年に音楽イベントとして始まり、1994年にフィルム部門とインタラクティブ部門が追加され、現在の形式となっています。特にインタラクティブ部門は世界的に影響力があり、スタートアップ企業の登竜門として、昨今、企業や投資家などから大変注目を集めています。当部門における大賞の受賞を機にICTサービスが世界中の人々に利用されるようになった事例などがあります。


<関連情報>
・パナソニック アプライアンス社「Game Changer Catapult」公式アカウント
Facebook: https://www.facebook.com/gccatapult/
Twitter: https://twitter.com/GCcatapult
Instagram: https://www.instagram.com/gamechangercatapult/

・パナソニックが家電領域を中心とした新規事業の創出加速に向けて「Game Changer Catapult」を本格始動(2016年7月21日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/147140.html

・パナソニック 企業情報
http://www.panasonic.com/jp/corporate.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る