プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

3.2GHz対応「埋込高シールドテレビターミナル」を発売

(PR TIMES) 2016年11月21日(月)14時54分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/3442/2540/resize/d3442-2540-120439-0.jpg ]

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、2018年に予定されている、4K・8K実用放送に対応するため、JEITA(電子情報技術産業協会)で定められた規格に準拠し、4K8K衛星放送(スーパーハイビジョン放送)の受信機器としてJEITAが推奨しているSHマークを取得した「埋込高シールドテレビターミナル」を、2016年12月21日より発売します。

パナソニックは、これまで10〜2602MHzの周波数帯のテレビターミナルを品ぞろえしていましたが、4K・8K実用放送は、新たな伝送周波数を使用するため、現在のテレビ受信システムでは受信することができません。この放送を視聴するためには、アンテナや混合器、ブースタ-、分配器など、さまざまな受信機器を新設または交換する必要があります。

本製品は、4K・8K放送に対応するために、10〜3224MHzの広帯域に対応した、新たなテレビターミナルです。また、高シールド設計により、電子機器などからの妨害電波やノイズを遮断し、安定した映像の提供を実現しました。

パナソニックは今後も、2018年に予定されている4K・8K実用放送の開始に向けて、受信に必要な機器を順次発売していく予定です。

<特長>
1. 4K・8K実用放送に使用される、3.2GHzまでの高周波信号を伝送可能
2. 金属筐体による高シールド設計で、ノイズを遮断し安定した映像を提供
3. スイッチボックス内における同軸ケーブルの収納が容易な構造を実現

【品名】埋込高シールドテレビターミナル(電流通過形)(10〜3224MHz)
【品番】WCS3814W(全7品番)
【希望小売価格(税抜・工事費別)】1,300円(※WCS3814CWのみ 1,330円)
【発売日】2016年12月21日
【販売目標】6,500個/2017年度

【お問い合わせ先】
照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-709(受付 9:00〜20:00)
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 エナジーシステム事業部 パワー機器BU 企画開発部
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00〜17:30)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 3.2GHz対応「埋込高シールドテレビターミナル」を発売(2016年11月21日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/11/jn161121-1/jn161121-1.html

<関連情報>
・パナソニック テレビターミナル
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haisen/switch_concent/tv_concent/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る