• トップ
  • リリース
  • 女優の莉子さんが『リクナビ』新CMに初出演 「自分の強みって?」就活準備の悩みに、推し活集団が全力応援!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社リクルート

女優の莉子さんが『リクナビ』新CMに初出演 「自分の強みって?」就活準備の悩みに、推し活集団が全力応援!

(PR TIMES) 2024年03月18日(月)11時45分配信 PR TIMES

<特別インタビュー>莉子さんが心掛ける●●の習慣/最近推しているモノは?


[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/11414/2463/11414-2463-92ba8608e074782bd19a62a8da21bdc5-250x53.png ]

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村 吉弘)が運営する、新卒採用の就職情報サイト『リクナビ』(https://job.rikunabi.com/2025/)は、2024年3月16日(土)より女優の莉子さんを起用した新Web-CMの配信を順次開始することをお知らせします。
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/11414/2463/11414-2463-6c42fb0ad7cdf04cbdb8e93e0d342bed-1660x374.png ]

■CM内容 『リクナビ』なら「君を推す、強みが見つかる。」
本CMは、莉子さん演じる“自分の長所や強みが分からない主人公”の何げない日々を見つめながら、『リクナビ』ならスキルや経験を選択肢から選ぶだけで自分の強みを簡単に見つけられ、企業への応募だけでなく、スカウトも受け取れることを楽しくかわいらしく伝えるCMとなっています。
部屋で就活準備セミナーを聞きながら、ノートにメモした“強み”の文字を見つめる主人公。「強みなぁ…」とぼんやりと考えつつも思い付かない様子です。長く勤めるアルバイト先でも考え込む主人公ですが、常連のお客さんが来店すれば仲むつまじい様子で接客し、テキパキとマスターへオーダーします。すると奥の席から「長続き」と書かれたうちわを持った推し活集団が登場。「よっ! ベテラン!」と、主人公自身も気付いていない強みにエールを送り盛り上げます。
他にも、軽音サークルのバンド仲間に「ライブTシャツ作ろうよ」と提案した時、オリジナルのデザイン画が描けることや、カレー好きで始めたSNSの趣味アカウントのフォロワーが1万人もいることなど、本人が気付いていないだけで誰にでも“誇るべき強み”があり、『リクナビ』で発見できることを、推し活集団の客観的な視点を交えることで表現しています。最後には、自分のさまざまな強みに気付き、晴れやかな表情で自信を持って就活準備に一歩踏み出す主人公。莉子さんのハツラツとした表情にもご注目ください。

■公開・配信情報
2024年3月16日(土)よりTVerにて、18日(月)よりYouTubeにて順次配信。
また同日より本CMを『リクナビ』公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCZYl8DCb8PYKkjLfs9erzqg)でもご覧いただけます。

■特別インタビュー
―今回のCMや撮影の感想を教えてください。
やっぱり“推し”ですよね! あれだけ声援を直接聞ける機会もなかなかないので、すごく新鮮な経験をさせていただきました。撮影が早朝からでしたが、すごくテンション上がりました(笑)。実は私、どちらかというと雨女で。撮影日の前後は雨予報だった中、今日は雲一つない青空で本当に素敵なシーンが撮れたと思います。

―莉子さんご自身の強みはどんなところだと思いますか。また、周囲に言われて気付いた強みはありますか。
高校の願書やオーディションで自分のアピールポイントを書く時は、“コミュニケーション能力”をアピールします。中学や高校の担任の先生に「莉子さんは分け隔てなく誰とでも仲良くできる」と言っていただいてすごくうれしかったので、今も書くようにしています。母もすごくおしゃべりなので、完全にその血を引きましたね(笑)。また、割とフワフワしているイメージを持たれることが多いのですが、実際に会うと「意外とハキハキしているんだね」と言っていただけるのもうれしいですね。

―就職活動中、面接など緊張する場面も多いと思いますが、莉子さんはどんな時に緊張しますか。また、緊張を乗り越える方法があれば教えてください。
実は私はとても緊張しやすくて、常に緊張しているんですよ。緊張しすぎて一周回って逆に緊張していないように見えるタイプです。緊張を和らげたり、乗り越えたりするには、すごく現実的なことを言うと「場数」かなと思うんです。これまでたくさんのオーディションを受けてきて、ようやく今は緊張よりもお芝居を楽しめるようになりました。緊張していた頃は自分でも嫌になるくらい自分に自信がなくて。マネージャーさんからも「大丈夫、自分を認めてあげて」とよく言われるくらいでした。自分の自信のなさって表情や声に出てしまうと思うので、当時は、緊張は受け入れつつも「大丈夫! 私ならできる!」と、とにかく声に出すようにしていましたね。

―すごくご自身のことを分析されているように感じますが、普段から心掛けている習慣はありますか。
とにかくノートに書き留めることを大事にしていますね。オーディションや作品が終わった時、小説を読むのが好きなので読み終わった本の感想、年末には1年の振り返りなど、とにかく書くことを日常的にやっています。ノートを常に持ち歩いていて、文章だけでなく思い付いた単語だけ書いておくこともあります。SNSでは、ノートに書いておいた話題や言葉を投稿することも多いですね。

―莉子さんの最近の“推し”を教えてください。
ひと昔前のコンパクトデジタルカメラにハマっています! 以前からカメラが好きで、フィルムカメラを使っていたのですが、私が幼稚園くらいの頃にお父さんが運動会で撮ってくれていたようなデジカメを最近購入しました。今のスマホって撮ってすぐに高画質で確認できますよね。以前のデジカメは画質もそこまで高くないところがエモいですし、画面も小さいのでパソコンにつなぐなど、ひと手間かける時間も楽しいです。

―最後に、これから就職活動を迎える皆さんにメッセージをお願いします。
私の友達も就活を迎えていて、話を聞いていると苦しいことや大変なこともたくさんあるのだと思います。でもやっぱり自分が好きなことや、やりたいことにつながる道を選べたらすごく素敵だと思うので、そのために、とにかく口に出して言ったり書いてみたり、ちょっとずつで良いので行動してみてほしいです。思いを自分の体の外に出すことで、それが何かにつながるきっかけになったり可能性が広がったりすると思うので、とにかく動きを止めないでほしい。私自身も就活を頑張る皆さんからすごくパワーをもらっています。応援しています!

■出演者情報
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/11414/2463/11414-2463-55261237ac72e55df51382f8513b3e83-200x253.jpg ]

莉子 -riko-(21歳)
ドラマ「ブラックシンデレラ」(ABEMA)で主演を務めて以降、「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(日本テレビ系)や、映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」など数々の話題作に出演。2024年1月には東京国際映画祭にも選出された初の主演映画「違う惑星の変な恋人」が公開した注目の若手女優。2024年2月時点の、SNS等の総フォロワー数は約250万人。

■クレジット情報/カットデータ
『リクナビ』CM 「君を推す強み」篇(30秒)
[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/11414/2463/11414-2463-adfbe8547140b7d31b52263ed75d8cea-986x1275.png ]


▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る