プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

パナソニック「Annual Report 2016」とCSR・環境活動報告を公開

(PR TIMES) 2016年08月26日(金)15時55分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/3442/2404/resize/d3442-2404-673574-1.jpg ]


パナソニック株式会社は、2016年8月26日、「Annual Report 2016」(2016年3月期 財務とESGについての年次報告書)と、社会・環境への取り組みや活動の年次報告を、それぞれWebサイトで公開しました。

▼Annual Report 2016
http://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/reference/annual.html
▼CSR・環境
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/downloads.html

【Annual Report 2016】
パナソニックのアニュアルレポートは、投資家の方々を主な対象とし、投資判断の材料としていただくために、事業戦略や財務状況、ESG(環境・社会・ガバナンス)などの情報を開示しています。

<ポイント>
(1)「中・長期視点」「戦略」「非財務情報」をさらに充実
新しい取り組みとして、社外インタビュアーによる社長や経営幹部への取材を実施しました。社長インタビューでは、就任時からこれまでの経営者としての取り組みや、M&Aの位置づけをはじめ、持続的成長に向けた戦略や考え方を紹介しています。また、CTO(最高技術責任者)インタビューでは、「技術10年ビジョン」やオープンイノベーションの取り組みなど、パナソニックの技術戦略について紹介しています。また、同社のコーポレート・ガバナンスについても、新たな取り組みを紹介しています。
(2)デザインの大幅刷新
表紙やレポート全体のデザインを一新し、パナソニックの強い意思や推進力をスポーツ選手の力強さと躍動感で表現しました。また、目次をテーマ別に大括りにするなど全体の構成も見直し、レポートのストーリー性を追求しています。

▼Annual Report 2016
http://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/reference/annual.html
▼IR(投資家向け情報)
http://www.panasonic.com/jp/corporate/ir.html

【CSR・環境 年次報告】
パナソニックのCSR・環境サイトでは、社会・環境への取り組み姿勢とその具体的な活動を報告しています。また、これらの報告の中からステークホルダーの関心の高いテーマを選定し、「サスティナビリティ データブック 2016」としてPDF冊子にまとめ、公開しました。

<ポイント>
(1)CSR・環境の方針や推進体制などマネジメントの仕組み、活動内容・実績を報告
(2)社会面:
人権・労働、安全衛生、倫理、サプライチェーンマネジメント、商品・サービス等を通じた取り組みに加え、グローバルに注目が高まっている「奴隷労働、人身取引防止の取り組み」や、「LGBT(性的マイノリティ)に関する取り組み」、「BtoB向けシステム・ソリューション事業におけるお客様満足度向上活動」について報告しています。
(3)環境面:
従来の環境行動計画 グリーンプラン2018(GP2018)の2018年度目標より、事業による環境貢献の拡大や生産活動での着実なCO2削減を目指す、同社の環境活動の方向性を、GP2018の改定版として強化した点を紹介しています。

▼パナソニックのCSR・環境:
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability.html
▼サスティナビリティ データブック 2016
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/downloads.html

<関連情報>
・パナソニック 技術10年ビジョン
http://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/10years-vision.html

・パナソニック 企業情報
http://www.panasonic.com/jp/corporate.html



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る