• トップ
  • リリース
  • DMM.make AKIBA、三越伊勢丹と+Styleによる「ミライデジタルボックス」に出展!ハードウェアスタートアップと共にISETAN MEN’Sの日替わりデジタルプロモーションに参加

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

DMM.make AKIBA、三越伊勢丹と+Styleによる「ミライデジタルボックス」に出展!ハードウェアスタートアップと共にISETAN MEN’Sの日替わりデジタルプロモーションに参加

(PR TIMES) 2017年05月22日(月)16時16分配信 PR TIMES

Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲、http://www.dmm.com/ 以下DMM )は、2017年5月24日に、伊勢丹新宿店メンズ館1階で開催されるデジタルプロモーションストア「ミライデジタルボックス」に出展します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-279684-0.jpg ]



■「ミライデジタルボックス」とは
ソフトバンク株式会社が運営する、IoT(Internet of Thing)製品の企画/販売のプラットフォーム「+Style」( http://plusstyle.jp/ )監修のもと、最先端の技術を結集した製品やライフスタイルを豊かにするガジェット、初披露となる製品などをデジタル・テクノロジー・IT企業・IT専門のメディアが参加し、5月15日(月)から6月13日(火)の期間、伊勢丹新宿店メンズ館1階=プロモーションでオープンするプレゼンテーション&ストアです。コンセプトは「男の趣味のガレージ」。男性の子ども心をくすぐるワクワク感が詰まったガレージをイメージしています。

5月24日(水)限定で実施される『DMM.make AKIBA×ISETAN MEN’S』では、「DMM VR THEATER mini」、フレーバーキット「FLEVO」、DMM.make 3Dプリント、DMM.make AKIBAで実施しているワークショップ製品をはじめ、DMM.make AKIBAを拠点に活躍するハードウェアスタートアップの製品など、多数の製品を展示、販売します。
DMM.make AKIBAが発信する、進化し続けるデジタルテクノロジーの世界や、IoT(Internet of Things)により新たな体験や価値観を生み出す製品の数々をぜひ、この機会に体験ください。


■出展企業紹介(※変更になる場合がございます)

[画像2: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-311641-1.jpg ]


●DMM VR THEATER mini( http://vr-theater.dmm.com/ )
横浜にある世界初のホログラフィック常設施設「DMM VR THEATER」の20分の1サイズの模型です。 裸眼で見ることができるホログラフィック映像を、横浜の劇場だけではなく多くの場所でご覧いただきたい、そんな想いで製作しました。 DMM VR THEATER miniの製作はDMM.make AKIBAが行い、コンテンツ制作は株式会社DMM.futureworksで行っています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-285568-2.jpg ]


●FLEVO( http://www.dmm.com/pr/special/flevo/int/001/ )
専用のフレーバーカートリッジを交換するだけで、手軽に様々なフレーバーを楽しめるフレーバーキットです。もうリキッド注入やタンク洗浄、コイル交換で手を汚すことはありません。フレーバーリキッドは日本食品衛生法で認可された成分のみを使用し、日本国内の工場で製造、キット本体は衛生管理基準ISO 14644-1(JIS 準拠)「Class 8」に準じている工場で製造しております。また、フレーバーリキッドは製造ロットごとに第三者機関での成分分析を実施し、徹底した品質管理を行っています。2種類のフレーバーを体験できるスターターキットは、980円(税抜)という手軽さです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-649343-3.jpg ]


●DMM.make 3Dプリント( http://make.dmm.com/print/
ここまで出来るようになった。DMM.makeの3Dプリンター最新技術。データさえあれば誰でも手軽にモノが作れる。そんな3Dプリンターが世の中に浸透して時間が経ちましたが、金属やセラミック、フルカラーのプラスチックなど新たな製造技術や材料が常に生まれています。また3Dプリンターで作られたものに対して、様々な加工を施す事で今後様々な実用品も作れる様になります。今回はその中でも男のガレージに置くのにふさわしいモノを展示します。ぜひご覧いただき、ご自身のガレージでの創作活動にご利用下さい。

[画像5: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-851976-4.jpg ]


●DMM.make AKIBA( https://akiba.dmm-make.com/
ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設「DMM.make AKIBA」では、モノづくりは初めてでも、お帰りになる頃には『完成度の高い一点物』や、より深く学ぶための『基本的なノウハウ』をお持ち帰りいただける各種ワークショップや講座をご用意しています。皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
[画像6: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-808623-5.jpg ]


●Orphe( 株式会社 no new folk studio http://orphe.shoes/
表現のために誕生した、まったく新しい「スマートフットウェア」Orphe(オルフェ)。
両足合計約100の個別制御可能なLED、Bluetooth通信モジュール、9軸モーションセンサーを内蔵しています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-940371-6.jpg ]


●Pyrenee Drive( 株式会社Pyrenee http://www.pyrenee.net/
ピレニ―ドライブは自分のクルマに簡単に付けられる運転サポートデバイスです。
ステレオカメラで道路上の車や歩行者を認識し、事故につながる兆候をいち早く感知してドライバーに知らせ、事故の回避を促します。

[画像8: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-525007-7.jpg ]


●ZaaZ Bath Fragrance( ザーズ株式会社 https://www.makuake.com/project/zaaz/
バスルームの空間にスプレーすると、一瞬で心地よい香りに包まれてバスタイムを楽しむことができます。
*国産の天然柚子オイル配合
毎日使っても2ヶ月以上(約66回)お使いいただけます。
*1回5プッシュ使用の場合


[画像9: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-201606-8.jpg ]

●INUPATHY( 株式会社イヌパシー http://inupathy.com/jp/
犬の心拍を測り、犬の気分をリアルタイムに表示するIoTデバイスです。
表情からだけでは見えない、犬の内面を教えてくれます。
今年発売予定。

[画像10: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-911480-9.jpg ]

●PLEN Cube( PLENGoer Robotics株式会社 http://plencube.com/
360度回転のヘッド、フェイストラッキングによる動画や写真の撮影、共有ができるロボットカメラとしての機能の他、音声認識も搭載しIoT家電のリモートコントローラーにもなる、
手のひらサイズのハコ型ロボットです。

[画像11: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-206233-10.jpg ]

●switle<スイトル>( 株式会社 シリウス http://www.sirius-agent.co.jp/switle/
500mlの水を入れて掃除機に取り付けるだけで、水を吹き付けながら汚れを吸い取ることができる、水洗いクリーナーヘッド「スイトル」。洗えなかった布製品を“洗浄”しながら“掃除”できる、
新しいお掃除方法です。

[画像12: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-599855-11.jpg ]


●Cuboard<キューボード>( 株式会社CuboRex http://cuborex.com/cuboard/
Cuboardは芝生や雪道でも扱える小型電動モビリティーです。
Cuborex社独自の技術により芝生の上や雪上、水たまりなど今までの持ち運び可能な電動モビリティーでは難しかった悪路での走行を可能にします。

[画像13: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-327450-12.jpg ]


●真空管式卓上ヘッドフォンアンプ( ArtifactNoise,LLP http://artifactnoise.com/vtube-energy-amp/
ArtifactNoiseはオリジナリティーあふれる製品を企画から開発、製造まで技術者がこだわりぬいて皆様の手元にお届けします。ありふれた安価な製品を買って後悔する前に、我々の製品を是非お試しください。
[画像14: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-105008-13.jpg ]


●電子楽器ウダー( ウダデンシ http://uda.la
ウダーは理想の楽器インターフェイスを目指し開発された電子楽器です。 螺旋状に巻かれたロープには1周1オクターブの間隔で音程が連続に並んでおり、これを指で押して演奏します。


■DMM.make AKIBAとは
ハードウェア開発・試作に必要な最新の機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。

https://akiba.dmm-make.com

[画像15: https://prtimes.jp/i/2581/2116/resize/d2581-2116-575701-14.jpg ]



DMM.makeは“作り手”のために必要な「情報」や「ツール」「人」が集まるプラットフォームです。 ハードウェア開発だけではなく、ファッションやメディアアートなど、幅広いクリエイティビティをサポートする施設として、各種エンジニアやデザイナー、クリエイターにご利用いただいています。
DMM.make AKIBAは今後も、世界で最も新しい価値観を生み出し続ける場所として、モノを作りたい人がモノを作り続けられる環境の実現を目指していきます。

ご質問、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


【リリースとご取材に関するお問い合わせ】
株式会社DMM.com DMM.make AKIBA広報:境/田中
TEL:03-5298-5317(連絡可能時間帯:平日10:00〜18:00)
E-MAIL:support@akiba.dmm-make.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る