• トップ
  • リリース
  • 新元号「令和」を記念したカクテルが登場!「カクテルの日」イベントも開催!

プレスリリース

株式会社東急ホテルズ

新元号「令和」を記念したカクテルが登場!「カクテルの日」イベントも開催!

(PR TIMES) 2019年04月25日(木)16時43分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/5113/1742/resize/d5113-1742-993475-0.jpg ]

関連URL:https://www.tokyuhotels.co.jp/nagoya-h/restaurant/fontana/plan/46872/index.html

名古屋東急ホテル(愛知県名古屋市中区栄 総支配人:斉藤克弥)は、2019年5月1日(水)から、ホテル2階
メインバー「フォンタナ ディ トレビ」にて、新元号「令和」を記念したオリジナルカクテル「梅花の宴〜BAIKA NO UTAGE〜」を提供いたします。

新元号「令和」を記念したオリジナルカクテル「梅花の宴〜BAIKA NO UTAGE〜」は、新元号の出典元である日本最古の歌集“万葉集”の“梅花の歌三十二首”の序文「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」が詠まれた宴【梅花の宴】をイメージして、メインバー「フォンタナ ディ トレビ」のマスターバーテンダー田中 伴英が考案しました。ジャパニーズクラフトジンの先駆けとなった「季の美」をベースに、フランスのプラムリキュールとフレッシュのラズベリー、そしてアクセントに紫蘇ビターズを加えてシェイクし、グラスにはベリーのパウダーで“和”を表現いたしました。梅の風味が香る心地良い酸味と世界のトレンドになりつつあるビターの苦味をほのかに感じとれるカクテルです。
新しい時代の始まりにヨーロッパの古城を思わせる居心地の良い空間のオーセンティックバーで、寛ぎのひとときをお過ごしください。
また、新元号「令和」を記念したオリジナルカクテル「梅花の宴〜BAIKA NO UTAGE〜」は、5月13日(月)の
“カクテルの日”に開催されるホテルイベントにてスペシャルプライスで提供いたします。

■『オリジナルカクテル「梅花の宴〜BAIKA NO UTAGE〜」』
・提供期間:2019年5月1日(水)〜6月30日(日)
・料金:¥1,639

■『5月13日は「カクテルの日」Cocktail Day 2019』
毎年5月13日が、日本ホテルバーメンズ協会他、4つの協会、団体で「カクテルの日」と制定されて、今年で8周年。今年も「カクテルの日」にあわせて、ホテル1階ロビーに特設スタンディングバーを設けイベントを開催いたします!名古屋東急ホテルが誇る、メインバー「フォンタナ ディ トレビ」マスターバーテンダー田中の確かな技術でご用意する本格カクテルと、新元号「令和」を記念したオリジナルカクテルがこの日限りのスペシャルプライスでお楽しみいただけます。
・開催日時:2019年5月13日(月) 14:00〜20:00
・会場:名古屋東急ホテル 1Fロビー 特設スタンディングバー
・料金:カクテル1杯 ¥500、オリジナルカクテル1杯 ¥1,000
・内容:スタンダードカクテル、オリジナルカクテル「梅花の宴〜BAIKA NO UTAGE〜」、
    ノンアルコールカクテルなど 本格カクテル12種類

関連URL:https://www.tokyuhotels.co.jp/nagoya-h/restaurant/fontana/plan/cocktailday/index.html

※表示料金にはサービス料・税金が含まれています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5113/1742/resize/d5113-1742-684651-2.jpg ]


メインバー「フォンタナ ディ トレビ」
400種類を超える銘酒の中から、その日の気分に合わせてセレクトを。
気品に満ちたオーセンティックバーで寛ぎのひとときを満喫してください。
[営業時間]
・月〜土曜 17:00〜翌1:00(L.O.24:40)
・日曜、祝日 17:00〜24:00(L.O.23:40)


[お客様からのお問い合わせ]
・Tel:052-251-6554(直通)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る