• トップ
  • リリース
  • 【JAF宮城】宮城県内で見えにくい標識や分かりにくい道路はありませんか?道路環境改善に関するご提案募集中!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

【JAF宮城】宮城県内で見えにくい標識や分かりにくい道路はありませんか?道路環境改善に関するご提案募集中!

(PR TIMES) 2017年05月25日(木)09時58分配信 PR TIMES

JAF宮城支部交通安全実行委員会ではより良い道路環境のための活動を行っています

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)宮城支部(支部長 岡 博文)は、9月に開催を予定している「JAF宮城支部 交通安全実行委員会」で審議する宮城県内の道路環境改善提案を募集しています。
この活動は地域の道路環境をより良いものにするために、一般ドライバーから寄せられた見えにくい標識や分かりにくい道路など改善が望まれる道路に対して調査・審議のうえ道路管理者等の関係機関に改善提案として要望しているものです。

2016年度は7件の改善要望を提出し、2か所で防護柵が設置されるなど改善につながりました。

JAF宮城支部では、改善が必要と思われる道路や標識等についての情報を広く募集します。


1.必要事項1.〜7.を明記し、
1.お名前 2.会員番号(JAF会員の場合)3.ご住所 4.お電話番号 5.提案箇所の所在地
6.道路などの状況 7.改善提案の内容

2.地図および画像(現状がわかるもの)を添付の上、下記アドレスまでお送りください。
<送信先アドレス> miyagi-jigyo@jaf.or.jp
※ご提供いただいた個人情報は当案件の関するご連絡以外には使用いたしません。

■改善例[箱堤交差点(仙台市宮城野区日の出町3丁目)]

[改善前]

[画像1: https://prtimes.jp/i/10088/1618/resize/d10088-1618-582679-0.jpg ]

横断歩道が二段階となっていることから中央分離帯上に歩行者待機場所が設置されているが、
ガードレール等の防護柵がなく、危険である。

[改善後]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10088/1618/resize/d10088-1618-362700-1.jpg ]

歩行者待機場所に防護柵が設置され、万が一の際に歩行者が車両に巻き込まれてしまう危険性が
減少し、安全性が向上した。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る