• トップ
  • リリース
  • LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」において、CCIを「Data Provider Partner」に認定

プレスリリース

LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」において、CCIを「Data Provider Partner」に認定

(PR TIMES) 2019年04月24日(水)19時40分配信 PR TIMES

広告識別子などの保有データ量やそれを活用した売上、提供するサービスの導入クライアント数などを基準に認定

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が提供する各種法人向けサービスの販売・開発を行う広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するパートナープログラム「LINE Biz-Solutions Partner Program」において、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)を、同社が運営する運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」の「Data Provider Partner」として認定いたしましたのでお知らせいたします。
「LINE Ads Platform」の「Data Provider Partner」は、広告識別子などの保有データ量やそれを活用した売上、提供するサービスの導入クライアント数などを基準に認定されます。認定パートナー各社には、自社保有データを活用した「LINE Ads Platform」連携配信が可能になる特典が付与され、より幅広く、より的確なターゲットへの広告配信サービスを提供することが可能となります。
[画像: https://prtimes.jp/i/1594/1589/resize/d1594-1589-442836-0.png ]

この度、LINEはCCIが提供するデータコンサルティングサービス「DataCurrent」による豊富なデータを活用した企業のデジタルマーケティング支援を評価し、「Data Provider Partner」への認定を行いました。

「DataCurrent」は月間4億ユニークブラウザー(UB)、1億のモバイル広告IDを保有している国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)を基にしたCCIのデータコンサルティングサービスの名称です。多くの企業のプライベートDMP導入支援やDMP導入後の運用サポートを通じて得たノウハウを活かして、データパートナー企業から提供される膨大なデータを独自に解析し、セグメントの生成/提供をしています。

この度の「Data Provider Partner」への認定により、広告主はLINEの保有する年齢・性別・地域などの「みなし属性」やLINEアプリ上での行動履歴などをもとにした興味関心データに加え、CCIの「DataCurrent」が保有する様々な種類のデータを「LINE Ads Platform」における広告配信に利用することが可能となります。


LINEでは、今後もパートナー企業との密接な連携と様々なメニューを通じて、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

*「LINE Ads Platform」の全パートナー情報はこちら:https://www.linebiz.com/jp/partner/line-ads-platform/


< LINE Biz-Solutions Partner Program概要 >
「LINE Biz-Solutions Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、「LINE Account Connect」、「LINE Ads Platform」、「LINE Sales Promotion」の各プロダクトにおいて、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。

「LINE Account Connect」部門は「Sales Partner」「Planning Partner」「Technology Partner」の3カテゴリーにおいて、「LINE Ads Platform」部門は「Sales Partner」「Technology Partner」の2カテゴリーにおいて、「LINE Sales Promotion」部門は「Sales Partner」のカテゴリーにおいて、認定が行われます。


「LINE Ads Platform」部門
■Sales Partner
半年ごとの累計売上実績などを基準に、5段階(Diamond/Gold/Silver/Bronze/Basic)のランクで認定いたします。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、新プロダクトの優先案内や営業サポート、LINE主催イベントへのご招待などの特典を付与いたします。

■Technology Partner
-Data Provider Partner
認定希望社からの申請に基づき、広告識別子などの保有データ量やそれを活用した売上、提供するサービスの導入クライアント数などを基準に認定いたします。認定パートナー各社には、自社保有データを活用したLINE Ads Platform連携配信が可能になる特典を付与いたします。

-Ads Measurement Partner
広告計測ツールを提供する認定希望社からの申請に基づき、該当ツールの導入事業者およびサービス数、また該当ツールを経由するLINE Ads Platform売上実績などを基準に認定いたします。認定パートナー各社には、LINE Ads Platform内の計測データや計測連携機能の提供を行う特典を付与いたします。

-Ad Tech Partner
認定希望社からの申請に基づき、API経由の売上実績や効果改善事例や実装機能内容などを基準に認定いたします。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、APIのアカウント数の制限緩和やβ機能(試用機能)の提供、プロダクト開発サポートなどの特典を付与いたします。

<LINE Ads Platformについて>
「LINE Ads Platform」は、LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォームです。「LINE」アプリ内で高いMAUを誇る「タイムライン」と「LINE NEWS」への配信に加え、「LINE BLOG」や「LINEマンガ」、「LINEポイント」への広告配信が可能です。広告の表示有無や配信ターゲット、その効果等を細かく確認・検証しながら運用することができるため、予算が限られているプロモーションへの対応や、売上予測や目標達成度等に合わせた配信が可能になります。

<サイバー・コミュニケーションズについて>
日本のインターネット広告誕生の1996年に設立しました。以来、電通グループのデジタル広告関連事業者として、デジタルマーケティング全般のサービスを展開、数百の 媒体社・広告会社との取引と共に、業界を牽引しています。 「革新的で信頼あるインタラクティブコミュニケーションサービスの提供を通じて、 より豊かな情報社会の一翼を担う」という理念を掲げ、メディアと共にユーザー への価値を提供し、最先端のマーケティングサービスを通じて、クライアントと ユーザーのコミュニケーションを実現しています。https://www.cci.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る