• トップ
  • リリース
  • 【JAF福岡】スタントマンが交通事故を再現!事故の怖さを体感し自転車安全利用につなげる講習会を開催しました

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

【JAF福岡】スタントマンが交通事故を再現!事故の怖さを体感し自転車安全利用につなげる講習会を開催しました

(PR TIMES) 2017年04月25日(火)19時48分配信 PR TIMES

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)福岡支部(支部長 太田 憲男)は4月13日(木)、福岡市内にて「スケアード・ストレイト教育技法による自転車安全利用講習会」を開催しました(共催:福岡市、福岡市交通安全推進協議会)。
スケアード・ストレイト教育技法とは「『恐怖』を実感させて危険な行為を行わせないようにする技法」です。本講習会は、自転車の安全利用・交通事故防止を図るため、福岡市立金武中学校(福岡市早良区)と福岡市立福岡西陵高等学校(同西区)の2校で開催。スタントマンが「見通しの悪い道路での衝突事故」「傘差し運転の自転車による事故」「大型車の死角・内輪差による巻き込み事故」など様々なパターンの疑似交通事故を再現しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10088/1574/resize/d10088-1574-195093-0.jpg ]


事故の怖さを目の当りにした生徒からは「自転車に乗る時には予想外のキケンがあると思って運転したい」「事故は怖いと思った」などの感想が聞かれました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10088/1574/resize/d10088-1574-851871-1.jpg ]


JAF福岡支部では今後ともこのような講習会を積極的に開催し、交通安全啓発を図るとともに地域の交通安全に貢献してまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る