• トップ
  • リリース
  • 悦楽グルーヴで煙たくいこう。ギター・マガジン2017年3月号は極上のジャズファンク特集。リリースパーティーも開催決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社インプレスホールディングス

悦楽グルーヴで煙たくいこう。ギター・マガジン2017年3月号は極上のジャズファンク特集。リリースパーティーも開催決定!

(PR TIMES) 2017年02月09日(木)13時18分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-620586-5.jpg ]

 インプレスグループで音楽関連の出版事業を手がける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役:古森優)は、音楽専門誌『ギター・マガジン2017年3月号』を2017年2月13日に発売。さらに3月5日にはリリースパーティーも決定しました。

『ギター・マガジン』の詳細はこちら http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/


■特集
洗練された悦楽グルーヴ
JAZZFUNK〜進撃のジャズファンク
 ヒップホップ・カルチャーに根ざしたダンスやラップがお茶の間に浸透し、ダンサブルな要素を取り入れるのが当たり前になったロックやJ-POPにおいて、主役はウネるベースやドラムなど、ギターがいないことも多く、いたとしてもカッティング職人的な立ち位置が常である。5分も6分もギター・ソロを弾くヤツなんてほとんどいない。何なら“長々とギター・ソロを弾くのはダサい”、そういうムードすら蔓延してはいないだろうか。
 しかし! そんな風潮にギター・マガジンは真っ向から“NO!”を突きつけたい。今回の特集に登場するジャズファンク名手たちのプレイを聴けば、それがわかるはず。彼らの十八番であるペンタ1発のフレージングを怒濤のように畳み掛けられたが最後、誰もが踊り出さずにはいられないのだ。DJによって再発掘され、フロアをアゲまくった極上のギター・インスト・ミュージック=ジャズファンク。そんな最高にハッピーな発明をしてしまった、ファンキーなギタリストたちの物語をお届けしよう。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-423600-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-976260-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-885083-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-612975-4.jpg ]


◎Featured Guitarists
TAIKING(Suchmos)
 現在、様々なメディアに取り上げられ人気が加熱するSuchmos。ヒップホップ、ディスコ、ソウル/ファンクなどブラック・ミュージックの要素を基盤に、彼らならではの“ストリート感”をミックスしたサウンドは日本のミュージック・シーンにおいて比類なきグルーヴを放っている。そんな彼らが2ndフル『THE KIDS』をリリース。ギタリスト・TAIKINGのタイトなグルーヴ、そしてそれを支える音楽的見識とテクニックが冴える快作だ。今回はそんな彼へのインタビュー、機材紹介、奏法分析をお届けしよう。ギタリストよりも編曲家に影響を受けたという、ユニークな視点からのギター観は要チェック!
[画像6: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-654368-2.jpg ]

◎The Instruments
今こそグレッチを鳴らせ〜新たなる2大シリーズが示す針路
 創業から134年を数える老舗・グレッチは今、明らかに変わりつつある。現代を見据えて新たなるステージに突入しようとしているのだ。その証明となるのが、昨年発表された”Vintage Select Edition”と”Players Edition”という新たなシリーズ。50〜60年代のビンテージの外観をとてつもない情熱で再現しつつ、今のプレイヤーが使いやすい実用性を兼ね備えた”Vintage Select Edition”。その実用性をさらに特化させ、ライブでガンガン歪ませてアグレッシブに弾けるように進化した”Players Edition”。両者から漂うのは、その由緒正しき伝統に敬意を払いつつ、あくまで今の音楽で鳴らされることを望む強い意志だ。グレッチがロカビリーやカントリーのみにマッチする楽器、という考えはもう古いのかもしれない。最高にカッコいいあこがれのグレッチを、誰もが、どんな音楽でも鳴らしていい時代なのだ。
[画像7: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-356747-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-149445-7.jpg ]


○イベント情報
 今月のジャズファンク特集を記念して、出演バンドもDJも“1日中ジャズファンク・ギターを聴かせまくる”というテーマを掲げたイベントを開催! 竹内朋康カルテット、山内洋介率いる13souls、そしてDJには黒田大介も登場。ギタマガのTwitterやFacebookでも随時、情報を配信していく。

Guitar Magazine Presents
JazzFunk Night
【日時】2017年3月5日(日)
オープン18:00/クローズ23:00
【場所】THE ROOM(渋谷)
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-19 第八東都ヒ゛ルB1
【チャーシ゛】2,000円(ト゛リンク別)
【出演バンド】
竹内朋康カルテット
竹内朋康(g)、栗原(sax)、タケウチカズタケ(k)、みどりん(d)
13souls
山内洋介(g)、池田憲一 a.k.a. ROOTSOUL(b)、中村新史(k)、福森康(d)
【出演DJ】
黒田大介(Kickin’)、竹内朋康、小林“Bobsan”直一(Mountain Mocha Kilimanjaro)、ギター・マガジン編集部、他

Twitterアカウント:https://twitter.com/guitarmagazine1
Facebookページ:https://www.facebook.com/guitarmagazinejp/
[画像9: https://prtimes.jp/i/5875/1534/resize/d5875-1534-163832-8.jpg ]


<その他のコンテンツも盛りだくさん!>
《雑誌》
『ギター・マガジン 2016年2月号』
表紙:グラント・グリーン
発売:2月13日
定価:(本体762円+税)
仕様:A4変型判/234ページ
詳細はこちら http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/


【株式会社リットーミュージック】 http://www.rittor-music.co.jp/
□所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング □設立:1978年4月10日 □資本金:1億円 □決算期:3月31日 □従業員数:81名(2016年3月31日現在) □代表取締役:古森優 □事業内容:音楽関連出版事業

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社リットーミュージック 宣伝広報
Tel: 03-6837-4728/ E-mail: pr@rittor-music.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る