• トップ
  • リリース
  • 【JAF三重】いつきのみや梅まつりでシートベルトの効果を体験しよう!

プレスリリース

  • 記事画像1

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

【JAF三重】いつきのみや梅まつりでシートベルトの効果を体験しよう!

(PR TIMES) 2017年02月14日(火)19時20分配信 PR TIMES

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)三重支部(支部長 川喜田 久)は、2月25日(土)に多気郡明和町の斎宮歴史博物館南側周辺で開催される「第13回いつきのみや梅まつり」において模擬衝突体験車を出展し、シートベルト着用の効果を来場者に訴えます。
三重県警によりますと、2016年の四輪乗車中の死者34人中、シートベルト非着用者は13人で、その内9人はシートベルトを着用していれば助かったと推定されています。
そこでJAF三重支部では、県民にシートベルトの重要性を理解していただく事を目的にシートベルトコンビンサー(模擬衝突体験車)を出展して、シートベルト着用推進啓発活動を実施しています。

今回出展するJAFブースではそのシートベルト着用推進啓発活動の一環としてシートベルトコンビンサー(模擬衝突体験車)や交通安全クイズに答えて免許証そっくりの「子ども安全免許証」の発行などを実施します。

日 時 :2月25日(土) 10:00〜14:00 (雨天中止)
場 所 :斎宮歴史博物館南側梅林周辺ふるさと芝生広場 (多気郡明和町竹川)
対 象 :来場者
内 容 :1. シートベルト効果体験車による時速5キロでの衝突を体験   
     2. 反射材の効果体験
     3. 子ども安全免許証の発行

[画像: https://prtimes.jp/i/10088/1453/resize/d10088-1453-433463-0.jpg ]

   
      
  
        

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る