• トップ
  • リリース
  • RADWIMPSが、映画『君の名は。』のサントラに続き待望の新作『人間開花』を携えギター・マガジン表紙に登場!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社インプレスホールディングス

RADWIMPSが、映画『君の名は。』のサントラに続き待望の新作『人間開花』を携えギター・マガジン表紙に登場!

(PR TIMES) 2016年11月22日(火)19時15分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-437504-0.jpg ]

 インプレスグループで音楽関連の出版事業を手がける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役:古森優)は、音楽専門誌『ギター・マガジン2016年12月号』を2016年11月11日に発売しました。

『ギター・マガジン』の詳細はこちら http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/

 表紙を飾るのは、社会現象にもなった映画『君の名は。』のサウンド・トラックに続き、約3年ぶりとなる最新アルバム『人間開花』を2016年11月23日に発売するRADWIMPS。作品ごとに音楽性を進化させ、魅力溢れるアンサンブルを響かせてきましたが、本作では“ロック・バンド”の持つ可能性をさらに押し広げた会心作に仕上がっています。その全貌を、フロントマンである野田洋次郎とギタリスト桑原彰のロング・インタビューや、愛用ギター、エフェクト・ボード、アンプを網羅した10Pに及ぶ機材紹介、『君の名は。』から「夢灯籠」、「憧れカフェ」、「なんでもないや」、『人間開花』から「スパークル(original ver.)」、「'I' Novel」の楽曲解説、そして、「前前前世(movie ver.)」のギター・スコアなどを通じて解き明かします。
[画像2: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-316951-2.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-258915-3.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-240637-4.jpg ]

 また、シンガー/ソングライターとして1stアルバムを完成させた山本彩(NMB48)の撮り下ろし写真を含むインタビューを掲載。アイドルではなく、シンガーとしての彼女に迫ります。

[画像5: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-654636-5.jpg ]

 さらに、付属のCDには、国内屈指の実力派ジャズ・ギタリスト小沼ようすけと世界的なタブラ奏者U-zhaanによるスペシャル・セッションを収録。このセッションの空気感を感じられる動画は本日公開となりました。タブラとジャズ・ギターという革新的なセッションは必聴です。

[画像6: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-793007-1.jpg ]

[画像7: http://prtimes.jp/i/5875/1431/resize/d5875-1431-763402-6.jpg ]

動画URL https://youtu.be/yuERkQIp944

「ギター・マガジン」の詳細はこちら http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/


《雑誌》
『ギター・マガジン 2016年12月号』
表紙:RADWIMPS 野田洋次郎、桑原彰
発売:11月11日
定価:(本体907円+税)
仕様:A4変型判/246ページ(CD付)
商品詳細はこちら http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/

CONTENTS

●Featured Guitarists
新章開花
RADWIMPS
『君の名は。』、『人間開花』の制作秘話と愛用機材を網羅した全38ページに及ぶ総力特集!

●野田洋次郎×桑原彰 対談インタビュー
音楽を奏でる楽しさとギターを弾く喜びを胸にさらなる高みへと到達した『人間開花』。

●野田洋次郎ソロ・インタビュー
『君の名は。』の制作を中心に進化の歩みを止めない音楽家としての現在地を探る

●桑原彰ソロ・インタビュー
68年製レス・ポールを手に
叙情的音像を創り出す職人ギタリストの美学

●愛用機材
『君の名は。』や新作『人間開花』でも使用した最新の機材を撮影することにも成功。野田洋次郎、桑原彰のふたりがどのようにしてあの唯一無二の音像を生み出しているのか、機材面から探っていこう。

●奏法解説
『君の名は。』、『人間開花』で鳴り響く珠玉のギター・プレイのスコアを掲載!
「夢灯籠」「憧れカフェ」「なんでもないや」from『君の名は。』「スパークル(original ver.)」「'I' Novel」from『人間開花』

■The Instruments 1 [CD連動]
BOSS GT1 & ZOOM G3Xn
最新小型マルチ・エフェクターの
実力を検証!

ギター・ケースのポケットにスッポリ収まる小ささ&軽さで、しかも操作性は簡単、エフェクトは何十種類も搭載されている……そんな夢のような2機種のマルチ・エフェクターが発表された。BOSSのGT-1とZOOMのG3Xnだ。今回は2機種の実力を検証すべく、エフェクティブなプレイを得意とするギタリスト=山本陽介を招き、各モデルにインスパイアされた音源を制作してもらった。演奏環境に革命を起こすであろう注目の2機種が持つ可能性をぜひとも感じてほしい。

■The Instruments 2
ブラスト・カルト
〜異端者たちが集うカルトな楽園

今、最も尖っているギター・ブランドのひとつ––ブラスト・カルト。2011年に立ち上がった若いブランドだが、アメリカの文化に深く食い込んだデザインとサウンド、そして時流にまったく流されないスピリットが一部のミュージシャンと強く共鳴し、評価を高めている。ここ日本での注目度も少しずつ上がってきたように思うが、果たしてブラスト・カルトとは一体どこで、誰が、どのように作っているのだろうか? 日本初の現地取材を敢行し、そのミステリアスな世界に足を踏み入れてみた。

■ Special Program[CD連動]
Special Session
小沼ようすけ×U-zhaan
ギターとタブラが絡み合う、予測不能のセッション!

11月に最新作『Jam Ka Deux』をリリースする小沼ようすけが、本誌のためだけにスペシャル・セッションを決行! ゲストは、坂本龍一からレイ・ハラカミまで幅広いアーティストと共演を果たしてきたタブラ奏者のU-zhaan(ユザーン)という、何とも異色のコラボである。事前の打ち合わせはなし、録音当日が初対面という二人が、数十テイクを重ねて生み出したスペシャル・セッションの全貌を、インタビューと譜例で味わってほしい。

■ 名手直伝! 誌上スペシャル・セミナー[CD連動]
スリー・フィンガーで描く情景
潮田雄一のソロ・ギター・メソッド

国内外の凄腕ギタリストがその技を直伝する誌上スペシャル・セミナー。今回はロック・バンドQUATTROをはじめ、ソロ活動やサポート・ワークなど幅広いシーンで活躍中の潮田雄一が登場! “スリー・フィンガー奏法”をテーマに、軽快なロカビリーやラグタイム、郷愁を誘う小粋なソロ・ギターの数々を紹介してもらおう。“フィンガーピッキングは難しそう……”と敬遠しがちなエレキ弾きも、付録CDの音源を聴いてチャレンジすることでギターという楽器の新しい一面を発見することができるはずだ!

■Interview&Gear
◎山本彩
◎MONO
◎OGRE YOU ASSHOLE
◎THE NOVEMBERS

■Interview
◎内田勘太郎
◎春畑道哉

■今月のペダル&ボード
インタビューに登場したギタリストたちのエフェクター・ボードを掲載する本コーナー。今月は、OGRE YOU ASSHOLE、MONO、THE NOVEMBERSと、エフェクティブな展開を得意とするバンドたちが集結! 各人ともにボードやペダルだけでなく、システム全体にもこだわりがありそうだ。

■Guitar Magazine Championship vol.9
最終結果発表!!
全国の猛者ギタリストから多数の応募が集まった第9回誌上ギター・コンテスト。今回の課題曲を制作した滝 善充(9mm Parabellum Bullet)による最終審査が行なわれ、ついにグランプリほか各賞が決定した! 彼らに贈る商品を発表するとともに、グランプリおよび準グランプリを獲得した渾身の音源を付録CDに収録。刺激的なプレイをぜひチェックしよう!

■GMセレクション
「前前前世(movie ver.)」RADWIMPS
「ANOTHER STARTING LINE」Hi-STANDARD

■GM WORKSHOP
◎高田漣のスライド・シネマ・パラダイス
〜ボトルネックで楽しむ映画音楽の世界
◎Duran
Walking with NEO BLUESMAN
〜ブルース・ギター超絶アレンジ講座

■連載
◎トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
◎ジャキーン!〜 『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編(長田悠幸×町田一八 )
◎プロ・ギタリストが実力をチェック! BOSS 技 WAZA CRAFT 第5回:TAKUYA meets DM-2W
◎ Musicians Institute Japan誌上ギター・クリニック
◎ ビンテージ・エフェクター・カフェ ROSS COMPRESSOR with 美濃隆章(toe)

■ フェンダー・インイヤー・モニターズ
■ 小倉博和 meets Relish Guitars
■ Spider V by Line 6
■ フリーザトーンが設立した製品開発のための“実験室”=Studio On-pa

■New Products Review
◎GIBSON ACOUSTIC/HP415 W
◎FENDER/DELUXE NASHVILLE TELE
◎GRETSCH/G6134T-KWP KDFSR KENNY WILD PENGUIN
◎BOSS/KATANA-HEAD
◎ARCHTOP TRIBUTE/AT103
◎EASTMAN GUITARS/AR-403CE VINTAGE FINISH
◎JHS PEDALS/RUBY RED
◎MXR/PHASE 95
◎ELACTRO-HARMONIX/WAILER WAH
◎EMERSON CUSTOM/PARAMOUNT


【株式会社リットーミュージック】 http://www.rittor-music.co.jp/
□所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング □設立:1978年4月10日 □資本金:1億円 □決算期:3月31日 □従業員数:81名(2016年3月31日現在) □代表取締役:古森優 □事業内容:音楽関連出版事業

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社リットーミュージック 宣伝広報
Tel: 03-6837-4728/ E-mail: pr@rittor-music.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る