• トップ
  • リリース
  • アフガニスタン:学校への攻撃、昨年192件、前年比3倍に-学齢期の子どもの約半数、通学できず【プレスリリース】

プレスリリース

公益財団法人日本ユニセフ協会

アフガニスタン:学校への攻撃、昨年192件、前年比3倍に-学齢期の子どもの約半数、通学できず【プレスリリース】

(PR TIMES) 2019年05月28日(火)18時40分配信 PR TIMES

ユニセフ、第3回学校の安全に関する国際会議(於:スペイン)で、学校への攻撃停止と教育の保護求める


[画像1: https://prtimes.jp/i/5176/1332/resize/d5176-1332-893597-0.jpg ]

【2019年5月28 日 カブール(アフガニスタン)/マヨルカ(スペイン)/ニューヨーク 発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、アフガニスタンにおける学校への攻撃件数が2018年には192件と、2017年の68件の3倍に上ったと発表しました。2015年以降、学校への攻撃件数が増加したのは初めてのことです。

「アフガニスタンでは、教育が攻撃されています」とユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォアは述べました。「学校施設への容赦ない攻撃、教員の殺傷や拉致、そして教育に対する脅しは、一世代の子ども全員の夢や希望を破壊しているのです」

終わらない紛争と全国で悪化する治安状況により、昨年末までに閉鎖された学校は1,000校を超えました。その結果、子ども50万人が教育を受ける権利を奪われています。

学校への攻撃が増加した理由のひとつとしてあげられるのが、2018年の議会選挙において、学校が有権者登録や投票所として使用されたことです。

アフガニスタンの7歳から17歳の子ども推定370万人、学齢期の子どもの半数近くが、学校に通っていません。

治安の悪化、高い貧困率、女の子に対する根強い差別が、2002年以降初めて未就学率の増加をもたらしました。そして、学校に通っていない子どもの約60%を女の子が占めています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5176/1332/resize/d5176-1332-379413-1.jpg ]

ユニセフは政府ならびにパートナー団体と協力して、非公式かつ学習促進を目的としたコミュニティを基盤とした教育を提供しています。コミュニティ内の施設や家庭で教室を開くことで、通学時の治安上の危険を減らすことにも繋がっています。

スペインでは本日から、第3回学校の安全に関する国際会議が開催されるにあたり、ユニセフは、あらゆる学校への攻撃を終わらせ、すべての紛争当事者には、武力紛争下においても教育を保護するよう、強く求めます。

* * *

■ 本信はユニセフ本部が発信した情報をもとに、日本ユニセフ協会が編集・翻訳したものです。
原文は、https://www.unicef.org/press-releases/afghanistan-sees-three-fold-increase-attacks-schools-one-year-unicef からご覧いただけます。

* * *

■ ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。(www.unicef.org)
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■ 日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。(www.unicef.or.jp)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る