• トップ
  • リリース
  • クラシック界最高のブランド・レーベル、「ドイツ・グラモフォン」主催のイベント”Yellow Lounge”が日本本格上陸

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ユニバーサル ミュージック合同会社

クラシック界最高のブランド・レーベル、「ドイツ・グラモフォン」主催のイベント”Yellow Lounge”が日本本格上陸

(PR TIMES) 2018年07月26日(木)16時01分配信 PR TIMES

世界最高峰のクラシック・ミュージックが究極のデジタルアートと融合。

ユニバーサルミュージック合同会社(本社:東京都港区、 社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、 ユニバーサル ミュージック)は、クラシック最古のレーベル=ドイツ・グラモフォンが主催するヨーロッパ発のイベント「Yellow Lounge(読み方:イエロー・ラウンジ)」を、2018年9月12日(水)に“teamLab”が開催している【森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス】(東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン)にて開催いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/664/1326/resize/d664-1326-178151-0.jpg ]

今年レーベル設立120周年を迎えるドイツ・グラモフォンは、円盤型レコードを発明したエミール・ベルリナーが1898年に設立し、“楽壇の帝王”と呼ばれたヘルベルト・フォン・カラヤンやアメリカン・ドリームの体現者として指揮者/作曲家/教育者として一時代を築いたレナード・バーンスタイン、そして現在のクラシック界で最高の指揮者と評される小澤征爾といった巨匠が数多くの歴史的名盤を残し、今までに10億枚のセールス、グラミー賞65冠という記録を残しています。

「Yellow Lounge」は、ドイツ・グラモォンが、コンサートホールを抜け出し、よりリラックスした雰囲気でクラシック・ミュージックを楽しめるように、ドイツのフランクフルトで2001年2月にスタートさせたイベント。クラシックのまったく新しい楽しみ方として、若者を中心に常に満席になるなど、海外で大きな話題を呼んでいます。

クラシック界で最も人気の高いヴァイオリニストであるアンネ=ゾフィー・ムターや2015年のショパン国際ピアノコンクールを制したチョ・ソンジなど、ドイツ・グラモフォンが誇る世界最高のアーティストたちが参加し、アムステルダムやロンドン、そしてニューヨークなど欧米各地で成功を収め、チケットの入手も困難なイベントYellow Loungeが、レーベルの設立120周年にあたる今年、いよいよ日本に本格上陸をいたします。

ドイツ・グラモフォンのプレジデントであるクレメンス・トラウトマンが日本での開催に向けて日本のカルチャーとのコラボレーションを検討し、ミラノ万博のエキシヴィションなどヨーロッパでも賞賛されるteam labへ打診し、現在話題の【森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス】での開催が決定いたしました。

開催に向けてクレメンス・トラウトマンは「クラシックをくつろぎながら楽しんでもらいたいという思いのもとスタートしたイベントYellow Loungeを日本で開催することはひとつの重要な始まりだと思っています。その重要な始まりである今回のイベントが、お客様にとって最高の体験となるために、日本の素晴らしいクリエイター集団であるチームラボに協力を要請しました。世界でも賞賛される究極のデジタルアートと、私たちドイツ・グラモフォンが誇る素晴らしいアーティストたちの演奏の融合はいまだかつて無い極上のアート体験となるでしょう。皆さんが心からこのイベントを楽しんでくれることを願っています。」とコメントしています。

今回、Yellow Loungeに出演するのは、今年9月にドイツ・グラモフォンレーベル史上初のMix CDのDJに抜擢され、ザルツブルクにある名門音楽大学モーツァルテウム在学中の指揮者=Aoi Mizuno(水野蒼生)と、新作『ナイトフォール』のリリースを間近に控えるピアニストのアリス=紗良・オット、日本を代表するジャズ・ピアニストの1人で、今年クラシックを題材にしたアルバム『ユートピア』をリリースした山中千尋、そしてドイツ・グラモフォンのみならずクラシック界で最高のチェリストであるミッシャ・マイスキー。

“究極のアコースティック音楽であるクラシックと、最高のデジタルアートの融合”がテーマという今回、出演するアーティストは日本発祥で世界初の電子楽譜専用端末“GVIDO”を使用するなど、新しいクラシック・ミュージックが体験できるイベントにぜひご参加ください。


■ドイツ・グラモフォン120周年記念 Yellow Lounge Tokyo 2018概要■
日時: 2018年9月12日(水) 21:30 open/22:00 start (23:15終演予定)
会場:森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
   東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン https://borderless.teamlab.art/jp/

出演アーティスト
Aoi Mizuno(クラシカルDJ)、アリス=紗良・オット(ピアノ)、ミッシャ・マイスキー(チェロ)、山中千尋(ピアノ)

チケット料金:¥5,000(税込)

【主催】ユニバーサル ミュージック合同会社 クラシックス&ジャズ

* 当日はユニバーサル ミュージックによるオフィシャルの映像及び写真の撮影がございます。
* 座席のご用意はございません。演奏するアーティストの近くで、フロアにお座りいただきイベントをお楽しみいただきます。あらかじめご了承ください。


■森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
https://borderless.teamlab.art/jp/

■ユニバーサルミュージックジャパン: ドイツ・グラモフォン120周年記念サイト
https://www.universal-music.co.jp/classics/dg120/

■Aoi Mizuno
https://www.universal-music.co.jp/aoi-mizuno/

■アリス=紗良・オット
https://www.universal-music.co.jp/alice-sara-ott/

■ミッシャ・マイスキー
https://www.universal-music.co.jp/mischa-maisky/

■山中千尋 
https://www.universal-music.co.jp/chihiro-yamanaka/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る