• トップ
  • リリース
  • ニトロプラス×DMM GAMES『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION』新イベント『重杭打型リビングデッド討伐戦』開催!

プレスリリース

ニトロプラス×DMM GAMES『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION』新イベント『重杭打型リビングデッド討伐戦』開催!

(PR TIMES) 2019年08月21日(水)18時44分配信 PR TIMES

合同会社DMM GAMES(本社:東京都港区、最高経営責任者 社長:村中 悠介、URL:https://games.dmm.com/)は、『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION』が本日8月21日にレイドイベント『重杭打型リビングデッド討伐戦』が開催されたことを発表いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/32953/1263/resize/d32953-1263-399868-4.jpg ]

▼レイドイベント『重杭打型リビングデッド討伐戦』開催中!

[画像2: https://prtimes.jp/i/32953/1263/resize/d32953-1263-794490-2.jpg ]

2019年8月21日より、『重杭打型リビングデッド討伐戦』を開催いたしました。
マルチバトルに現れた大型ボス「重杭打型リビングデッド」を討伐するイベントです。
相互フォローユーザーやギルドメンバー等、仲間同士で力を合わせてボスへ挑んでください!

<開催期間>
2019年8月21日〜2019年8月30日 12:59まで

<新メンバー> 
【ランヤオ】
[画像3: https://prtimes.jp/i/32953/1263/resize/d32953-1263-317234-5.jpg ]


【母谷 亜衣華】
[画像4: https://prtimes.jp/i/32953/1263/resize/d32953-1263-452658-1.jpg ]


本イベントで入手できるメンバーを編成してイベント任務に挑むと、ボスへ与えるダメージがアップいたします。

※開催期間は予告なく変更する場合がございます。
※本イベントで獲得した「戦果」「イベント討伐証」「任務開放アイテム」は次回のイベントへ引き継がれません。
※本イベントは今後、復刻開催する可能性がございます。

▼イベント連動スカウトも同時開催!!
[画像5: https://prtimes.jp/i/32953/1263/resize/d32953-1263-294385-3.jpg ]


■『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION』公式サイト
https://necrosm.com/

■公式Twitter
https://twitter.com/tokyonecro_sm
[画像6: https://prtimes.jp/i/32953/1263/resize/d32953-1263-178763-0.jpg ]

▼『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION』とは?
ニトロプラスより2016年にリリースされたPCゲーム『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』を原作として、新たにニトロプラス×DMM GAMESによる強力タッグが送る新作SRPGゲームです。

プレイヤーは凍える大都市『凍京』を舞台に、生ける死者『リビングデッド』を狩る『生死者追跡者(リビングデッド・ストーカー)』として戦い、その中で出会う一癖も二癖もあるキャラクターたちと交流していきます。

獲得できる全てのキャラクターにボイス&Live2Dアニメーションあり!
SRPGならではの高い戦略性と、フルオートでも遊べる手軽さをあわせ持つバトルは、個性的なアニメーションとド派手な必殺スキルで目が離せません!

メインシナリオは原作脚本を担当した下倉バイオ氏による書き下ろし!
原作原画を担当した大崎シンヤ氏(UNKNOWN GAMES)によるメインキャラクターも必見!

▼製品概要
タイトル:凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION
ジャンル: SRPG
制作・発売元:DMM GAMES
原作・監修:ニトロプラス
販売形態:基本無料(一部ゲーム内課金)
プラットフォーム:DMM GAMES
権利表記:(C)Nitroplus (C)DMM GAMES



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る