• トップ
  • リリース
  • 【JAF兵庫】秋の全国交通安全運動に併せて「チャイルドシートコンビンサー(チャイルドシート使用効果実演車)」を出展します

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

【JAF兵庫】秋の全国交通安全運動に併せて「チャイルドシートコンビンサー(チャイルドシート使用効果実演車)」を出展します

(PR TIMES) 2016年09月15日(木)19時16分配信 PR TIMES

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)兵庫支部(西川 博之支部長)は、秋の全国交通安全運動期間中{9/21(水)〜9/30(金)}、重点項目の一つである「後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」を啓発するため、2015年に全国初導入した「チャイルドシートコンビンサー(チャイルドシート使用効果実演車)」を県内各地に派遣します。
チャイルドシートコンビンサーは、トラックの荷台部分に設置された座席にダミー人形を乗せたチャイルドシートを装着し、空気圧で押し出すことにより、最高で時速20kmの衝突を実演することができます。
チャイルドシートを正しく使用した場合と不使用時の違い等をご覧いただき、重要性を実感いただけるものになっています。
[画像1: http://prtimes.jp/i/10088/1246/resize/d10088-1246-599942-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/10088/1246/resize/d10088-1246-506137-2.jpg ]


2015年にJAFが警察庁と合同で行ったチャイルドシート使用状況全国調査によると、チャイルドシートの使用が義務付けられた6歳未満の子どもの使用率は62.7%(兵庫県は52.5%)と4割近くが十分な安全対策が取られていないという結果になりました。
また、1歳未満の乳児に対する使用率は85.2%であることに対し、5歳児の使用率は半分以下の38.1%となるなど、子どもの年齢が高くなるにつれて使用率が急激に低下する傾向は例年と変わりませんでした。

JAF兵庫支部では、秋の全国交通安全期間中にチャイルドシートを正しく使用したいただくための啓発活動を行うことで、使用率の向上につなげたいと考えております。

【秋の全国交通安全期間中(9/21〜30)のチャイルドシートコンビンサー出展スケジュール】
・9月19日(月・祝)兵庫県警察 秋の交通安全フェア2016inサンシャインワーフ神戸
 時間 10:00〜16:00
 会場 サンシャインワーフ神戸 南側広場
 住所 神戸市東灘区青木1-2-34

・9月22日(木・祝)2016西宮市交通安全フェスティバル
 時間 13:00〜16:00
 会場 兵庫県自動車学校西宮本校
 住所 西宮市深津町4番30号

・9月27日(火) 三木市緑ヶ丘町公民館主催 乳幼児教育学級交通安全教室
 時間 10:00〜11:30(座学有)
 会場 三木市緑ヶ丘町公民館中会議室・駐車場(※受付終了) 
 住所 三木市緑ヶ丘町中3-38

・9月30日(金) 猪名川町子育て支援講座 交通安全講習会
 時間 10:00〜11:30(座学有)
 会場 猪名川町子育て支援センター
 住所 河辺郡猪名川町柏梨田イクシ124-1
 ※受講は猪名川町在住で就園前の子どもの保護者(祖父母含)が対象

JAF兵庫支部では企業や団体から依頼を受けて、県内各地で行われる交通安全に関する講習会に講師を派遣しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る