• トップ
  • リリース
  • 【JAF鳥取】集中豪雨や台風による車両の冠水に注意を!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

【JAF鳥取】集中豪雨や台風による車両の冠水に注意を!

(PR TIMES) 2016年08月05日(金)13時20分配信 PR TIMES

JAF鳥取支部(一般社団法人 日本自動車連盟鳥取支部 支部長 大月 徹)は、今後局所的に激しい雨が降ることや台風の発生も予測されることから、集中豪雨による車の冠水を防ぐために下記のような対策を取っていただくよう呼びかけています。
[画像1: http://prtimes.jp/i/10088/1183/resize/d10088-1183-676727-1.jpg ]


●車の保管場所に関して
1. 崖や川などに近い場所にクルマを置かない。
2. 道路より低く浸水の可能性のある地下駐車場等は避ける。
3. 強風で飛んでくる飛来物を避けるため、出来る限り屋根のある保管場所を選ぶ。

●車の運転に関して
1. 最新の気象情報を入手する。
2. ガラス撥水剤の使用やワイパーゴムを点検し視界の確保に努める。
3. 線路のアンダーパスなど地面より低い場所を走らない。(浸水ハザードマップ等を確認する)
4. 冠水した道路は避ける。(水路や溝が水没して見えない可能性がある)
5. 安全な場所に停車し雨が通り過ぎるのを待つ。
6. トンネル出口や橋梁部は突風に注意し速度を控える。(風速25m/sとは時速90Kmの風)

●車が冠水し動けなくなってしまったら
1. エンジンが止まってしまったら無理に再始動させない。(エンジン破損の可能性有り)
2. 水深に注意しながらゆっくりと車外に出て、来た方向に歩いて戻る。
3. 車内に水が浸入し、水圧でドアが開閉できない際は、緊急脱出用ハンマーを使用し車両 側面のガラスを割って脱出する。
4. 脱出用ハンマーが無いときは、車内の水位と外の水位との差が小さくなったのを見極め、足に力を込めて一気にドアを開け脱出する。
5. JAFなどに救援依頼を要請する。(ロードサービス救援コール #8139)
[画像2: http://prtimes.jp/i/10088/1183/resize/d10088-1183-162603-2.jpg ]



■参考資料 
  ○JAFホームページ「クルマ何でも質問箱」

 ・クルマが水没したときの対処と脱出法は?
  http://www.jaf.or.jp/qa/accident/trouble/04.htm

 ・クルマが冠水・浸水してしまったら?
  http://www.jaf.or.jp/qa/accident/trouble/05.htm

  ○JAF鳥取支部 ご当地情報
  http://jafevent.jp/area/chugoku/tottori/news/1608_31_003_9.html
 
  ○鳥取県の危機管理ポータルサイト(ハザードマップ)
  http://www.pref.tottori.lg.jp/88530.htm



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る