• トップ
  • リリース
  • 『カチプラス売却』サービス 6月4日から提供開始 建物再生と賃貸収支改善で新たな価値をプラス(ニュースリリース)

プレスリリース

大和ハウス工業株式会社

『カチプラス売却』サービス 6月4日から提供開始 建物再生と賃貸収支改善で新たな価値をプラス(ニュースリリース)

(PR TIMES) 2019年06月04日(火)14時40分配信 PR TIMES

業界初(※) 一棟投資用不動産オーナーさま向け コンサルティング・仲介サービス

 大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区 社長:高木 嘉幸、HP:https://www.cigr.co.jp/)は、売買仲介において、建物再生と賃貸収支改善により新たな価値をプラスする、コンサルティング・仲介サービス『カチプラス売却』サービスを、6月4日(火)から提供開始しますので、お知らせします。
※不動産売買の仲介とバリューアップコンサルティングを組み合わせたサービスは、不動産業界では
初めてのサービスです(2019年5月当社調べ)。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2296/1170/resize/d2296-1170-634990-0.jpg ]

 『カチプラス売却』サービスは、一棟投資用オフィスビルを対象とし、建物再生と賃貸収支改善で新たな価値をプラスしてその後の高値売却を追求するサービスです。当社の30年を超える投資用不動産事業で培ったノウハウおよびコンサルティング力と、株式会社コスモスモア(本社:東京都渋谷区 社長:枝廣 寿雄、HP:https://www.cosmosmore.co.jp/、コスモスイニシアグループ)のデザイン・施工・監理により、建物再生から賃貸運営、売却活動にいたるまで、オーナーさまのご期待のさらに一歩先を行くサービスをご提供いたします。(サービスHP:https://www.cigr.co.jp/biz/sale/kachiplus/

■『カチプラス売却』サービスが求められる背景
 東京都心部のオフィスビルの空室率は低水準で推移しており、投資用不動産売買が活況となる一方、築古の中小規模のオフィスビルは経年劣化により不動産の価値を評価されにくいケースも見られます。このような背景から当社では、個人で対応するにはノウハウがなく難しい「不動産の価値を高めて取引したい」という不動産オーナーさまのニーズにお応えすべく、本サービスを開発いたしました。

■『カチプラス売却』サービスのイメージ図
[画像2: https://prtimes.jp/i/2296/1170/resize/d2296-1170-254984-1.jpg ]


■『カチプラス売却』サービスのポイント
・当社グループ会社コスモスモアによる修繕・バリューアップ工事の実施による建物再生(ValueUp 1)
・当社の賃貸運営受託による賃料収支改善(ValueUp 2)
・当社独自のネットワークによる高値売却の追求(ValueUp 3)

■『カチプラス売却』サービスのスキーム概略図
[画像3: https://prtimes.jp/i/2296/1170/resize/d2296-1170-671041-2.jpg ]


■『カチプラス売却』サービス対象不動産
種別:オフィスビル(一部店舗可)
構造:RC・SRC造
規模:専有面積200坪以上(1フロア30坪以上)
築年数:1989年以降に竣工
遵法性:検査済証有
立地:東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
(3県についてはターミナル駅等、オフィス需要が高いエリアのみ)
権利:所有権のみ

■サービスについてのお問い合わせ先
コスモスイニシア ソリューション事業部
TEL:0120-355-288 (営業時間:9:00〜17:30、土・日・祝日定休)

≪参考≫ コスモスイニシアの投資用不動産(再生)事業
 当社では、一棟再生賃貸ビル「REID-C(リードシー)」と、一棟再生賃貸マンション「COSMOS REID(コスモリード)」を供給しています。不動産デベロッパーならではのビル・マンション等の開発や賃貸運営、売買仲介等の幅広いノウハウとネットワークをもとに、立地や建物の状態だけではなく、将来的な収益性までを総合的に検証し、投資家さま・テナントさまにとってより魅力のある不動産を取得し、より投資価値の高い商品へとバリューアップを実施・販売しています。アフターフォロー体制も整え、中古ストックの再生を推進しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/2296/1170/resize/d2296-1170-773667-3.jpg ]


投資用不動産(再生)事業
https://www.cigr.co.jp/biz/sale/cosmosreid/

●一棟再生賃貸ビルのバリューアップ事例
『リードシー目黒不動前ビル』
 所有法人の移転により空室となったビルを購入し、
5〜8階をレンタルオフィスとして再生。
レンタルオフィス『MID POINT(ミッドポイント)』
https://www.cigr.co.jp/mp/

 今後も、オーナーさまの声に寄り添い、さらなるサービスの拡充に努め、CSVビジョン『Next GOOD「よい暮らし」「よい社会」の次のこたえを。』に取り組み、商品・サービスの提供を通じて社会課題を解決するため、より多くの『Next GOOD』を、お客さま・社会と共に創ってまいります。


[画像5: https://prtimes.jp/i/2296/1170/resize/d2296-1170-412620-4.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る