• トップ
  • リリース
  • デジタルハリウッド大学公開講座 特撮脚本家・小林雄次が語る『世界で評価される日本の特撮作品の発想法』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

デジタルハリウッド株式会社

デジタルハリウッド大学公開講座 特撮脚本家・小林雄次が語る『世界で評価される日本の特撮作品の発想法』

(PR TIMES) 2016年11月17日(木)16時45分配信 PR TIMES

デジタルハリウッド大学(DHU)では、国内で数多くの特撮作品の脚本を務め、「特撮ヒーロー番組のつくりかた(キネマ旬報社)」の著者でもある小林雄次氏をお招きして公開講座を開催します。
「ウルトラマンオーブ」、「ウルトラマンX」、「牙狼<GARO>」、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」等、国内の特撮作品の脚本を数多く手掛ける小林雄次氏に、日本で独自の進化を続ける特撮作品の変遷、日本で制作された特撮の海外における評価など、日本の特撮作品の魅力や制作についてご講演いただきます。
 映像、3DCG、グラフィックデザイン、アニメ、ウェブ、ゲーム・プログラミング、ビジネス、先端メディア表現の8つの専門領域を学ぶデジタルハリウッド大学では、国内で数多くの特撮作品の脚本を務め、「特撮ヒーロー番組のつくりかた(キネマ旬報社)」の著者でもある、小林雄次氏をお招きして、公開講座を開催いたします。

[画像1: http://prtimes.jp/i/496/1166/resize/d496-1166-133370-0.jpg ]


 今回の講義は、海外にも大きな影響力をもち、ウルトラマン、スーパー戦隊、仮面ライダー等、シリーズが継続するにつれ、日本国内でも人気を拡大し続ける、日本人であれば誰もが知っている『特撮』がテーマです。

 「ウルトラマンオーブ」、「ウルトラマンX」、「牙狼<GARO>」、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」等、国内の特撮作品の脚本を数多く手掛ける小林雄次氏に、日本で独自の進化を続ける特撮作品の変遷、日本で制作された特撮の海外における評価など、日本の特撮作品の魅力や制作についてご講演いただきます。

 デジタルハリウッド大学の学生をはじめ、一般の皆様も参加可能となっておりますのでぜひご来場ください。


【公開講座 概要】
http://www.dhw.ac.jp/lecture/tokusatsu_kobayashi/
[画像2: http://prtimes.jp/i/496/1166/resize/d496-1166-772375-1.jpg ]


日時: 2016年12月1日(木)19:45〜21:15 19:35開場

会場: デジタルハリウッド大学 駿河台ホール
    東京都千代田区神田駿河台4-6 
    御茶ノ水ソラシティ アカデミア3階
    http://www.dhw.ac.jp/access/
    (交通アクセス)
    JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩1分
    東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、
    丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分

定員: 100名(先着申込み順)

参加ご希望の方は下記URLにアクセスの上お申し込みください。
http://www.dhw.ac.jp/lecture/tokusatsu_kobayashi/


<注意事項:申込される方はご一読ください>
※満席時のみ、お断りのメールをさせていただく場合がございます。
※本講座は本学の学生以外に、一般の方ならびにマスコミ関係者も参加される予定です。
※お申し込みをされた方は必ず参加するようにしてください。
※当日の講義の録音、および当日投影される資料の撮影は禁止とさせていただきます。


【講師】

小林雄次(こばやし・ゆうじ)氏
[画像3: http://prtimes.jp/i/496/1166/resize/d496-1166-670366-2.jpg ]


脚本家。1979年9月3日生。長野県出身。日大芸術学部映画学科卒。
2002年『サザエさん』でデビュー。
特撮・アニメのほか一般ドラマや小説も手掛ける。
近年、『ウルトラマンギンガS』『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』などでシリーズ構成を務める。
そのほか代表作は『牙狼<GARO>』『獣拳戦隊ゲキレンジャー』『オルトロスの犬』『スマイルプリキュア!』『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』『美少女戦士セーラームーンCrystal』など。
著書に『脚本家という生き方』ほか。


【モデレーター】

高橋 光輝(たかはし みつてる)
[画像4: http://prtimes.jp/i/496/1166/resize/d496-1166-527051-3.jpg ]


デジタルハリウッド大学大学院 准教授
アニメラボ/クロス・カルチャーマネジメント/修了制作 担当
映像製作会社にてCM、PV、TV・アニメなどの製作に従事しつつ、教員を兼務。
その後、デジタルクリエイター育成の教育機関で統括業務も行う。
メディア・コンテンツ分野の研究員として活動。映画やアニメなどコンテンツ分野で著書も発行。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る