• トップ
  • リリース
  • 【JAF大阪】大阪府自転車条例が施行! 夏休み前の中高生向けに自転車安全利用の交通安全講習を開催します

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

【JAF大阪】大阪府自転車条例が施行! 夏休み前の中高生向けに自転車安全利用の交通安全講習を開催します

(PR TIMES) 2016年07月07日(木)18時21分配信 PR TIMES

大阪府内では自転車の事故発生件数が全国ワースト1

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)大阪支部(支部長 白土貴久)は7月1日に施行された「大阪府自転車条例」を受け、7月20日(水)金光大阪中学校・高等学校(高槻市東上牧)において、夏休み前の同校中学生・高校生の約1,260名を対象に、自転車の安全利用に関する「交通安全講習会」を開催します。
大阪府では、自転車が加害者となる交通事故によって、死者や重篤な後遺障害が生じ、高額な賠償請求事例も発生しています。このような問題は、大阪府域全体の共通課題となっていることを踏まえ、自転車の安全で適正な利用を大阪府、府民、関係者が一丸となって促進するため、「大阪府自転車条例」が制定されました。
(※大阪府ホームページより)

■大阪府自転車条例のポイント
(1)自転車保険の加入義務化
(2)交通安全教育の充実
(3)自転車の安全利用
(4)交通ルール・マナーの向上

昨年、大阪府内では自転車事故による死者が50人と前年から16人増え、府内事故数1万2,222件も全国で
ワースト1でした。
特に大阪府内では高校生の年代が自転車乗車中に第1当事者(交通事故を起こした人)になるケースが多くなっています(下図)

[画像1: http://prtimes.jp/i/10088/1146/resize/d10088-1146-364487-1.jpg ]


■年齢層別第1当事者数(自転車)
昨年、大阪府内で自転車乗車中に第1当事者となった交通事故を、第1当事者の年齢層別に分析。高校生の年齢層が突出して多いことが分かります。
(出典:「大阪の交通白書」平成27年版)


JAF大阪支部では、本条例と府内の自転車事故の状況に対応するため「自転車・歩行者から見た道路交通と安全」をテーマに、下記のとおり交通安全講習会を開催します。
夏休みに入り、中高生が日常生活で自転車の利用が増えることを踏まえ、学生向けの講習会となります。

■自転車の安全利用に関する「交通安全講習会」
【日 時】
7月20日(水)9:45〜10:45
【場 所】
金光大阪中学校・高等学校の体育館 〒569-0002 大阪府高槻市東上牧1-3-1
【対 象】
同校の中学生120名と高校生1,140名
【内 容】
1、自転車事故の実態(事故状況、原因、道路交通法)
2、車からの視点について(車の死角、通行区分、夜間の自転車の運転)
3、実際の交通場面の映像を見て危険予知トレーニング
4、自転車に関する法律、保険
5、自動車と自転車の衝突事故実験映像を視聴
【備 考】
備 考:既に学校側から取材許可をいただいております。

[画像2: http://prtimes.jp/i/10088/1146/resize/d10088-1146-993659-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る