• トップ
  • リリース
  • 林真理子が介護問題を語り、若者へ”お説教”!「誰にでも来る老後だから…」その内容は?

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

林真理子が介護問題を語り、若者へ”お説教”!「誰にでも来る老後だから…」その内容は?

(PR TIMES) 2017年04月20日(木)12時40分配信 PR TIMES

『未来授業』 4月24日(月)〜27日(木)19:52〜20:00放送 『未来授業SUNDAY CLASS』 4月30日(日)5:30〜6:00放送 ※総集編

日本が世界に誇る「知のフロントランナー」を講師に迎えて、未来を生き抜く智恵を探るプログラム「未来授業」では、4月24日(月)〜27日(木)、30日(日)の放送回に作家の林真理子を迎えます。自身初の介護を題材にした小説『我らがパラダイス』が話題になっている林真理子が考える「介護問題」とは?さらにリスナーである若者へメッセージも送りました。4月24日(月)からの放送を、どうぞお楽しみに。


◆「誰もが直視したくない介護問題。だからこそ面白くて泣ける小説に」(林真理子)
[画像1: https://prtimes.jp/i/4829/1087/resize/d4829-1087-409086-1.jpg ]

3月に発売された、自身初の介護を題材にした小説『我らがパラダイス』が話題の林真理子。「私には101歳の母がいまして。介護って気が重くなる、わかってはいるけど直視できない問題ですよね。だったら、とにかくおもしろくて泣ける介護小説を、と思いました」と振り返ります。
また、林真理子とその親世代の親子関係と、彼女の子どもとの親子関係が変化してきている、と指摘も。「今の私たち親世代は、子どもに家やお金を遺そうなんて思っていない。そのかわり、自分たちのお金で施設に入る。子どもに迷惑はかけたくない」親から子へと”受け継ぐ”慣習が薄れてきているのでは?と話しました。
そして、若者リスナーに向けて”お説教”も。「誰にでも来る老後なのだから…」ズシリと来る、そのメッセージとは…?4月24日(月)からの放送を、どうぞお楽しみに。

《番組概要》
◇タイトル: 『未来授業』 (月〜木)19:52〜20:00放送)
『未来授業SUNDAY CLASS』 (日5:30〜6:00放送)
◇放 送 局:TOKYO FM
◇内 容:TOKYO FMをはじめとするJFN38局が毎年開催している、大学生を対象としたインタラクティブ型公開授業「FMフェスティバル 未来授業〜明日の日本人たちへ」のレギュラー番組。日本が世界に誇る「知のフロントランナー」を講師に迎え、未来の日本人たちへ送るアカデミックな授業をお届けします。
◇提 供: NEC、川口技研 ◇ホームページ:http://www.tfm.co.jp/podcasts/future

【作品情報】
『我らがパラダイス』
[画像2: https://prtimes.jp/i/4829/1087/resize/d4829-1087-919199-0.jpg ]

東京・広尾の高級介護付きマンション「セブンスター・タウン」の受付係・細川邦子(48歳)、看護師の田代朝子(54歳)、ダイニングで働く丹羽さつき(52歳)、それぞれの家庭内で深刻な介護問題を抱える3人は、困窮していく我が身と、裕福な施設の入居者たちとの想像を絶する<格差>を前に、一世一代の勝負に出る!
定価:本体1,800円(税別)/判型:四六変型判/頁数:460頁/ジャンル:小説・評論



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る