• トップ
  • リリース
  • 訪日外国人旅行者向けの新商品発表観光乗合型バスツアーを2017年4月より本格導入

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ジェイティービー

訪日外国人旅行者向けの新商品発表観光乗合型バスツアーを2017年4月より本格導入

(PR TIMES) 2017年03月02日(木)17時48分配信 PR TIMES

コースの組み合わせ自由、北海道から九州までを網羅する全48コースで地域誘客に貢献

JTBグループのEuropa Mundo Vacaciones S.L.(本社:スペイン マドリード 代表取締役社長 Luis Garcia(ルイス ガルシア)/以下、EMV社)は、自社がヨーロッパで展開するSIC事業(※1)を活かし、スペイン語圏・英語圏のお客様を対象に、日本でも2017年4月よりSIC事業展開を本格導入します。(商品はスペインをはじめ日本を除く45か国で、すでに発売中)
 EMV社は、欧州36カ国にて中南米及びスペイン語圏22カ国のお客様を対象に、1997年よりSIC事業を展開しています。現在52の基本コースの組み合わせと乗車区間の選定により、約800コースのラインナップとなっています。2016年は、年間で約12万7千人のお客様にご利用いただきました。
日本では、22都道府県をめぐる5つの基本コースの組み合わせと乗車区間の選定により、48コースのラインナップを揃え1名より出発催行とする商品として展開します。欧州でのビジネスモデルを日本に取り入れ展開し、地域活性化に貢献します。

 また、JTBグループでインバウンド(訪日)旅行を専門とするJTBグローバルマーケティング&トラベル(本社:東京都 品川区 代表取締役社長 座間 久徳/以下、JTBGMT)は、当事業の日本でのランドオペレーター(日本のDMC※2)として安全・安心の旅を提供します。
合わせて、これまで培ってきた海外の旅行会社とのネットワークを活用し、20カ国で新たに販売展開していきます。
 JTBグループは、2020年の訪日外国人旅行者数4,000万人の目標達成に寄与するべく、グループ内のあらゆるリソースを活用し、取り組んでまいります。

※1 SIC事業=Seat In Coach事業の略称。観光乗合型バスツアー。
※2 DMC=ディスティネーション・マネジメント・カンパニーのことで豊富な地域の知恵、専門性、資源を所有しイベント、ツアー、地域交流や地域活性化を企画提案する会社。

<コースイメージ>
基本となる5ルートより組み合わせた全48コースの中から、オリジナルの観光ルートを作ることができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5912/1079/resize/d5912-1079-897053-0.jpg ]


<モデルコース> Japan In Depth end Hiroshima
【行 程】:札幌-苫小牧港〜仙台港-会津若松-(日光)-東京-河口湖-名古屋-京都-大阪-岡山-広島
[画像2: https://prtimes.jp/i/5912/1079/resize/d5912-1079-770565-1.jpg ]

【利用バスルート】:
 札幌から東京まで<North Japan>
 →東京から京都まで<Central Japan>
 →京都から大阪まで<Osaka and Kyoto>
 →大阪から広島まで<South Japan Express>
【利用予定施設】:
 札幌全日空ホテルをはじめフェリー船中1泊を含む12泊
【旅行代金】:4ルート組合せ13日間
       1名あたり3,920ユーロ(2名1室利用時)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る