• トップ
  • リリース
  • 子どもの「習い事とプログラミング教育」最新事情 アンケートレポート♪ これは意外かも?「ゲームでプログラミング」にママも大賛成♪

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社 学研ホールディングス

子どもの「習い事とプログラミング教育」最新事情 アンケートレポート♪ これは意外かも?「ゲームでプログラミング」にママも大賛成♪

(PR TIMES) 2017年03月06日(月)11時30分配信 PR TIMES


株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)では、このたび、「子どもの習い事とプログラミング教育」に関するアンケートを実施しました(※)。

新学年や進学を控えるこの時期、教育について考える機会の多いママは、「子どもの習い事」と、2020年から必修化が検討されている「プログラミング教育」についてどう考えているのでしょうか? アンケートからママたちの興味深い意識が明らかになりました。

※子どもを持つ30代〜40代の女性221人を対象にインターネット調査/ファストアスク調べ/2017年2月24日実施


♪子どもに人気の習い事は、英会話と水泳


春は新しいことを始めるのにぴったりの季節です。今回のアンケートは、子どもを持つ30代〜40代の女性221人を対象に、「子どもの習い事とプログラミング教育」というテーマで実施しました。

「子どもが現在習っている、あるいは、この春から習わせてみたい習い事」の第1位は「英会話」で25.3%。第2位は「水泳」で19.9%という結果に。一方、42.5%のママたちは、「とくに習わせる予定はない」と回答しました。

また、2020年度から必修化が予定されている「プログラミング」は第10位にランクイン。「サッカー」や「ダンス」と同じ順位です。

「子どもの習い事に期待することは何ですか?」という質問には、「礼儀やマナー、社交性を身につける」が38%で第1位。僅差で「好きなことや得意なことを見つける・伸ばす」「自分に自信をつける」が続きました。この結果から、習い事では子どもに「社会性や好奇心、自信を身につけてほしい」と考えているママが多いことがわかります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2535/1016/resize/d2535-1016-402474-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/2535/1016/resize/d2535-1016-874929-2.jpg ]




♪世界で人気のマイクラも、ママへはアピール不足?


さらに今回のアンケートでは、いま注目を集める「プログラミング教育」についてのアンケートも実施。子どもたちの間で大人気のゲーム「マインクラフト」のママたちの認知度と、海外ではマインクラフトが教材として採用されている例もあることから、プログラミング教育でゲームを使うことの賛否を質問しました。

その結果、子どもたちにとっては知っていて当たり前のマイクラも、67.4%のママは「知らない」と回答。世界売上本数1億2,200万本、月間ユーザー数5,500万人を記録する世界のマイクラも、日本のママに対してはまだまだアピールが必要なようです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/2535/1016/resize/d2535-1016-328033-1.jpg ]




♪「ゲームを使ったプログラミング学習」に、85%のママが賛成!


ママには認知度の低い「マインクラフト」ですが、「ゲームを教材として子どもにプログラミングを学ばせること」については、なんと約85%のママが賛成。

賛成の理由としては、「自宅でマインクラフトをやっていますが、楽しみながら創造力がつき、作る力を養えると思うため」「興味があるゲームなら、集中して取り組んでくれそうだから」など、子どもが興味を持ちやすいゲームを通じて、将来に必要なスキルを学んでほしいという意見が多数。

一方で反対派からは、「ゲームは教材にならないと思うから」「プログラミングよりも、道徳に時間を割くべきだと思う」「子どものころから液晶画面を見させたくない」といった意見がありました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/2535/1016/resize/d2535-1016-772518-3.jpg ]




♪この春、マインクラフトで初めてのプログラミングに挑戦しよう


今回のアンケート結果から、「プログラミング教育」への関心は「サッカー」や「ダンス」と同じ程度の認知度を得ていて、その必要性を感じつつあるママが増えていることがわかりました。

こうしたなか学研プラスでは、大人気ゲーム『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプ(短期集中講座)を、4月2日(日)に開催します。

学研の教育ノウハウを凝縮したオリジナル教材を利用し、3〜5人の子どもに対し1人以上の講師が付く少人数制で進めるため、パソコンやプログラミング経験のない子どもでも心配ありません。

さらに、当日の最後にはプログラミングで作った作品について、工夫したところや大変だったところをみんなの前で発表する「プレゼンタイム」も用意。プログラミングだけでなく、日本人が苦手とするプレゼンテーション力や自信も身につけられる1日限定のプログラミングキャンプとなっています。

【学研のマインクラフトプログラミングキャンプ】
○開催日:2017年4月2日(日)
○開催時間:10:00〜17:00(昼食と休憩時間含む)
○開催場所:学研プラス3Fホール(東京都品川区西五反田2-11-8)
○定員:100名(先着順)
○参加費:15,000円(税別)
○対象:小学1年生〜中学3年生(小学1年生未満、高校生以上はご相談ください)
※2016年12月26日に行ったマインクラフトプログラミングキャンプと、内容はほぼ同じです。受講くださった方はご注意ください。

【キャンプお申し込みサイト】
http://gakken-tech.jp/camp/
※サイト上で詳細をご確認のうえお申し込みください。

【お問い合わせ先】
株式会社学研プラスPCチーム
E-MAIL:gakken-it-plus@gakken.co.jp
TEL:03-6431-1534



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る