プレスリリース

アマゾンジャパン合同会社

Amazon Alexa、アナウンス機能を提供開始

(PR TIMES) 2019年06月21日(金)15時43分配信 PR TIMES

「ごはんができたよ!」「お風呂がわいたよ!」など、Alexaが一斉にお知らせ


Amazonは、クラウドベースの音声サービス「Alexa」に、「アナウンス機能」を追加したことをお知らせします。アナウンス機能は、Alexaに話しかけるだけで、同じAmazonアカウントでログインした複数のAlexa搭載デバイスを通して、まるでインターホンのように一斉に家中へお知らせができる機能です。自宅で別の部屋にいる家族に「ごはんができたよ!」、「お風呂がわいたよ!」と呼びかけたり、外出先からAlexaアプリを使用して「これから帰るよ」と知らせたりすることができます。アナウンス機能はハンズフリーで使用することができるため、食事の準備や洗濯、掃除などの家事で忙しく両手が塞がっている時も、Alexaに呼びかけるだけで、慌てることなくスムーズに家族や大切な人へ一斉にお知らせを伝えることができます。本機能は、Amazon EchoシリーズをはじめとするAlexa搭載デバイス*1および、Alexaアプリで利用することができます*2。

Alexa搭載デバイスを利用してアナウンスをする場合、発話の流れは次の通りです。

発話例1:
ユーザー:「アレクサ、アナウンスして」
Alexa:「なんのアナウンスですか?」
ユーザー:「ごはんができたよ」
同じアカウントグループ内のAlexa搭載デバイスにアナウンスを一斉にお知らせします。

発話例2:
ユーザー:「アレクサ、『ごはんができたよ』ってアナウンスして」
同じアカウントグループ内のAlexa搭載デバイスにアナウンスを一斉にお知らせします。

Alexaアプリを利用してアナウンスをする場合、次の通りです。

- Alexaアプリを開き、左下の「連絡」を選んでください。
- 次に、「アナウンス」を選んでください。
- メッセージを直接打ち込んで入力、もしくはマイクボタンをタップして声でメッセージを入れてください。
- 矢印マークを選び、アナウンスを送信してください。
- 同じアカウントグループ内のAlexa搭載デバイスにアナウンスを一斉にお知らせします。
なおテキスト入力をする場合、Alexaの声でアナウンスされます。

アナウンス機能の詳細は、以下をご参照ください。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GHQLL3HFVRYKFD5C

Alexaは、2017年11月の提供開始以来、常に賢くなるとともに、提供するサービスも音楽や動画視聴などの娯楽のほか、生活、育児・知育、学習、読書、情報収集、スマートホーム連携、スケジュール管理など、広がっています。また、スクリーン付きのEcho SpotやEcho ShowもEchoシリーズに加わり、スクリーンを生かした映像体験を得ることもできるようになりました。さらに、Alexa搭載デバイスだけでなく、お手持ちのスマートフォンやタブレットにAlexaアプリをインストールすることによりこれらのモバイルデバイスでもAlexaの各種サービスを利用でき、Echoシリーズのある自宅に限らず、外出先など、様々な場所でライフスタイルに合わせてAlexaの各種サービスを利用いただけます。Amazonは、Alexaの機能を一層向上させ、お客様により豊かな生活体験の実現を図っていきます。

*1 一部の製品は、アナウンス機能に対応していない場合があります。
*2 モバイル端末のAlexaアプリでは、アナウンスメントの送信はできますが、受信はできません。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る