• トップ
  • リリース
  • 番組20周年記念のスペシャルムックが発売決定!『TBS世界遺産 ベスト101』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ジェイティービー

番組20周年記念のスペシャルムックが発売決定!『TBS世界遺産 ベスト101』

(PR TIMES) 2016年12月12日(月)14時21分配信 PR TIMES

2016年12月31日(土)大晦日 発売。TBS公式オンラインショップ TBSishopでは2016年12月12日(月)より先行予約開始

JTBグループで旅行関連情報の出版・販売、Web関連事業を手がける株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:里見雅行)は、株式会社TBSテレビ(東京都港区、代表取締役社長:武田信二)の協力のもと、毎週日曜日午後6時〜TBS系にて放送中の人気番組「世界遺産」の 放送20周年を記念したムック『TBS世界遺産 ベスト101』を2016年12月31日(土)に発売します。
 本書では、番組のプロデューサー、ディレクター、カメラマンなど取材陣の全面協力により、放映された700近い世界遺産の中から印象深い101カ所の世界遺産を厳選しました。 番組スタッフの思い出のエピソードや体験などを織り交ぜながら、20年の軌跡をたどります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/5912/1006/resize/d5912-1006-472897-0.jpg ]

 また、ヘリコプターやドローン、クレーンなど、多様な撮影方法を駆使したTBS「世界遺産」だからこそできた撮影シーンの数々を振り返っています。さらに、実際の旅行に役立つベストシーズンやアクセス情報、ツアー予算なども紹介。番組のファンだけでなく、世界遺産や海外旅行を愛する方々にとっても、魅力ある1冊です。
[画像2: http://prtimes.jp/i/5912/1006/resize/d5912-1006-896222-1.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/5912/1006/resize/d5912-1006-124282-2.jpg ]

 <俳優・藤原竜也さん インタビュー >
ナレーターとして、時には取材者として、TBS「世界遺産」のキーパーソン
藤原竜也さんの印象深いシーンや、思い出深いエピソードを盛り込んだ
インタビュー記事も掲載しています。
[画像4: http://prtimes.jp/i/5912/1006/resize/d5912-1006-813658-3.jpg ]

<取材陣による20年間のエピソードを紹介>
「第1回マチュピチュに登場した ”グッバイ・ボーイ”の20年後の姿は…」
「往路でポーターが食料を全部食べてしまい、復路は死にそうに…」など、取材陣ならではの面白エピソードや裏話を公開しています。
[画像5: http://prtimes.jp/i/5912/1006/resize/d5912-1006-730710-4.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/5912/1006/resize/d5912-1006-276308-5.jpg ]


<掲載世界遺産一覧>
●キリマンジャロ国立公園(タンザニア) ●モン・サン・ミシェルとその湾(フランス) ●万里の長城(中国)
●ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(イタリア・バチカン市国)
●イエローストーン国立公園(アメリカ)●ニンガルー・コースト(オーストラリア)●ドロミーティ(イタリア)
●アントニ・ガウディの作品群(スペイン) ●シントラの文化的景観(ポルトガル)  etc.

<書誌概要>
【書名】『TBS世界遺産 ベスト101』
【定価】本体1,400円(税別)  
【判型・ページ】B5変・160ページ
【発売日】2016年12月31日(土)
【発行】JTBパブリッシング
【販売】全国の書店、コンビニエンスストア(一部地域のみ)、TBS公式ショップ

■TBS公式オンラインショップ TBSishopにて
2016年12月12日(月)より先行予約開始   URL: http://www.tbs.co.jp/ishop/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る