• トップ
  • リリース
  • 【トランスコスモス×GV×amadana共催 オンラインセミナー】「D2C時代の勝ち残り戦略」を開催

プレスリリース

トランスコスモス

【トランスコスモス×GV×amadana共催 オンラインセミナー】「D2C時代の勝ち残り戦略」を開催

(PR TIMES) 2020年08月06日(木)16時15分配信 PR TIMES

ブランディングからShopifyを活用した自社EC構築まで

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、株式会社GVおよびamadana株式会社と共同でオンラインセミナー「D2C時代の勝ち残り戦略」を8月26日(水)に開催します。
[画像: https://prtimes.jp/i/183/997/resize/d183-997-624832-0.jpg ]


コロナの影響によりオンラインチャネルへの関心が高まり、単純なECチャネルへの転換だけでなく、各ブランドが商品・売り場・のあらゆる顧客接点にて一貫したブランドメッセージを届ける必要性が高まってきています。ただし、単にECへシフトするだけではブランドの良さは伝わらず、顧客の支持は得られないでしょう。一貫したブランドメッセージを作り、それを各チャネルできちんと体現することが『売れるブランド』には必須です。ダイレクトに顧客とつながるD2Cだからこそ、「お客様にどんなメッセージを伝えたいのか?」明確にする必要があります。

本セミナーでは、ブランディングに多くの実績をもつamadanaと、Shopify Plusパートナーであるトランスコスモス技術研究所をゲストに迎え、D2C時代を生き抜くためのポイントをお話します。ECチャネルにて商品展開をしたいと考えている方、オンラインでの販売は既に展開しているがいまいち上手くいっていないと思われている方、D2Cについての知見を深めたい方は是非ご参加ください。

●セミナー概要
日時: 2020年8月26日(水)13:00〜14:40
会場: オンライン開催(zoom)
参加費: 無料
お申し込みURL: https://www.trans-cosmos.co.jp/seminar/200826.html

※当セミナーは法人のお客様対象のセミナーとなっております。個人のお客様からのお申込みは受け付けておりません。
※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※ご登壇企業および弊社と同様のサービスを提供されている企業の関係者からのお申し込みは、ご遠慮いただいております。

●プログラム
13:00〜13:05 開会のご挨拶
13:05〜13:20 ECシフトだけでは不十分! D2C時代におけるデザインの意義
  株式会社GV事業開発統括 執行役員 丸山芽生
13:20〜13:50 事例でわかる!ブランドデザインにて抑えるべきポイントとは
amadana株式会社 General Manager 松林 聡
株式会社GV 事業開発統括 執行役員 丸山芽生
13:50〜14:20 D2Cブランドの成長を支えるECプラットフォーム“Shopify(ショッピファイ)”
株式会社トランスコスモス技術研究所 サービス事業部 松野 亘
14:20〜14:30 質疑応答
14:30〜14:40 閉会のご挨拶

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30の国と地域・168の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48の国と地域の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る