• トップ
  • リリース
  • AWSクラウドコンピューティングカリキュラム「AWS Academy」の加盟高等教育機関6校が開講

プレスリリース

アマゾンジャパン合同会社

AWSクラウドコンピューティングカリキュラム「AWS Academy」の加盟高等教育機関6校が開講

(PR TIMES) 2019年04月26日(金)18時40分配信 PR TIMES

全国47都道府県全てでAWS認定資格の受験が可能に

Amazon.com, Inc.の関連会社であるアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(以下、AWSジャパン)は、Amazon Web Services Inc.の提供するクラウドコンピューティング「AWS Academy」の国内における加盟6校が、AWSの専門コースを4月より開講したことを発表いたします。
2017年からグローバルで提供を開始したAWS Academyは現在、世界35か国以上で650校以上の専門学校、大学などで導入されており、これまでに全世界で1万人以上の学生が受講しています。日本では2018年より高等教育機関向けに展開されています。この度、国内では、麻生情報ビジネス専門学校(福岡)、岩崎学園情報ビジネス専門学校(横浜)、船橋情報ビジネス専門学校(船橋)、大阪YMCA(大阪)、日本電子専門学校(東京)、日本工学院専門学校(東京)の6校が、AWS Academy初級コースであるCloud Foundationsコースの提供を開始いたしました。

クラウドコンピューティングの導入により、企業のビジネスが急速に変革し続けている中、必要なクラウドスキルを持つ人材の需要が高まっています。AWS Academy は、クラウドエンジニアに求められる技術やビジネススキルを、高等教育機関で教えるために設計されたプログラムです。加盟校は、無償でAWSが独自に開発した学習コンテンツ、ハンズオンラボ、認定試験用模擬試験を利用することができます。

2019年4月現在、AWS Academyの加盟校には、以下の教育機関が含まれます。


[画像: https://prtimes.jp/i/4612/982/resize/d4612-982-923458-0.jpg ]

AWS Academyはクラウドに関する知識を証明する資格制度、AWS認定資格と連携しており、AWS認定資格を取得することで、技術者は自信を持ってプロジェクトに関われるスキルが身につき、そして、お客様や社内からの信頼を得るための認証となります。また、組織においては、AWSを使用したクラウドを主導していくスキルのあるプロフェッショナルを識別するために活用できます。

現在、国内では役割別・レベル別に10種の認定が取得可能です。2019年4月9日より、新たに全国のピアソンVUEのテストセンターが試験会場に加わったことで、AWS認定資格の試験会場数が現在の50か所から165か所に拡大し、全国47都道府県全てで受験が可能になりました。これにより、本認定資格の取得を目指すITプロフェッショナルの皆様は、職場や自宅から最寄りの試験会場を選ぶなど、希望する試験会場での受験が可能になりました。(https://aws.amazon.com/jp/certification/

Amazon Academyの詳細については、https://aws.amazon.com/jp/training/awsacademy/ をご覧ください。

AWS 認定資格の詳細については、 https://aws.amazon.com/jp/certification/をご覧ください。

アマゾンウェブ サービスについて
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は13年にわたり、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドプラットフォームになっています。AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、ロボット工学、機械学習および人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する165種類以上の十分な機能を有するサービスを提供しています。AWSのサービスは、米国、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、日本、韓国、シンガポール、スウェーデンおよび英国の20の地理的リージョンにある61のアベイラビリティーゾーン(AZ)でご利用いただけます。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/

Amazon.comについて
Amazon.comは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon(FBA)、アマゾンウェブサービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る