• トップ
  • リリース
  • (公財)イオン環境財団、第5回「生物多様性日本アワード」公募を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

(公財)イオン環境財団、第5回「生物多様性日本アワード」公募を開始

(PR TIMES) 2017年02月15日(水)15時12分配信 PR TIMES


公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役、以下当財団)は、本年2月15日より第5回「生物多様性日本アワード」の公募を開始します。
[画像: https://prtimes.jp/i/7505/981/resize/d7505-981-331129-0.jpg ]

現在、生物多様性の保全と持続可能な利用は、気候変動と並び、地球環境の大きな課題となっています。日本においては長い間、人と自然の共生が維持されており、日本国内のローカルな価値や知見を守ること、また日本独自の方法論の展開や実践が必要とされています。

当財団は、2010年に名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されるのに先立ち、2009年に環境省との共催で国内賞「生物多様性日本アワード」(以下、本アワード)を創設しました。また2010年には当財団の設立20周年を記念し、国際賞「The MIDORI Prize for Biodiversity(生物多様性みどり賞)」を創設しており、以来、本アワードと交互に隔年で実施しています。

本アワードは、日本国内の団体・組織・企業・個人を対象に「生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組み」を広く公募し、優秀な事例を顕彰するものです。これまでNPOや企業、学校など23団体の環境活動を顕彰してきました。2015年に実施した第4回では、中学生の活動が優秀賞として顕彰されるなど、次代を担う若い世代にも生物多様性保全に対する取り組みが広がりを見せつつあります。

当財団はこれからも、COP10において採択された「愛知ターゲット」や2011年にスタートした「国連生物多様性の10年」を推進するとともに、いのちあふれる美しい地球を次代に引き継ぐため、様々な活動に取り組んでまいります。


第5回「生物多様性日本アワード」概要

・公募期間:2017年2月15日(水)〜5月10日(水)
・応募資格:日本国内の団体・組織・企業・個人(複数の団体・組織による共同の取り組みを含む)
・対象活動:生物多様性の保全、生物多様性の持続可能な利用、生物多様性の普及・啓発
・主催:公益財団法人イオン環境財団
・後援:環境省、国連生物多様性の10年日本委員会
・顕彰内容:
 グランプリ1件 表彰状、副賞200万円
 優秀賞4件 表彰状、副賞100万円
・授賞者フォーラム:
 <日時>9月26日(火)14:00〜17:00
 <場所>国際連合大学 ウ・タント国際会議場


第5回「 生物多様性日本アワード」 審査委員(五十音順)

・委員長:岡田 卓也(公益財団法人イオン環境財団 理事長)
・委員:
 赤池 学(ユニバーサルデザイン総合研究所 所長)
 岩槻 邦男(東京大学 名誉教授)
 鬼頭 秀一(東京大学 名誉教授・星槎大学 副学長)
 黒田 大三郎(公益財団法人地球環境戦略研究機関 シニアフェロー)
 香坂 玲(東北大学大学院 環境科学研究科 教授)
 南川 秀樹(公益財団法人イオン環境財団 理事・環境省 元事務次官)

※その他詳細は、当財団ホームページ(http://www.aeon.info/ef)をご参照ください。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る