プレスリリース

アマゾンジャパン合同会社

Amazon、Echo LinkとEcho Link Ampを販売開始

(PR TIMES) 2019年04月11日(木)09時40分配信 PR TIMES


〜 お手持ちのハイエンドオーディオシステムで、音楽ストリーミングサービスの利用が可能になるAmazon Echoのコンパニオンデバイスが登場 〜

[画像: https://prtimes.jp/i/4612/973/resize/d4612-973-267976-0.jpg ]

Amazonは、本日2019年4月10日(水)、Amazon Echo LinkとAmazon Echo Link Ampの販売開始を発表しました。Echo Link と Echo Link Ampは、Amazon Echoシリーズと接続し、お客様がお持ちの高音質オーディオシステムに繋ぐことにより*1、Alexaを通じてストリーミング配信された楽曲の再生を可能にします。Echo Linkの価格は24,980円(税込)*2、Echo Link Ampは36,980円(税込)*2で、それぞれAmazon.co.jp( https://www.amazon.co.jp/echolinkhttps://www.amazon.co.jp/echolinkamp )で本日から販売を開始します。

Echo Linkはアナログ/デジタル(光および同軸出力)対応のオーディオ出力から、対応するレシーバーやアンプ、スピーカーに直接接続します。またクロスオーバー周波数を調整できるサブウーファー出力や3.5mmイヤホンジャック出力にも対応しています。さらに、Echo Linkをアナログ/デジタル(光および同軸入力)対応のオーディオ出力からCDプレーヤーやターンテーブル、MP3プレーヤーといったオーディオコンポーネントに繋げば、Echo Linkに接続されたスピーカー等から楽曲を再生することができます。

Echo Link AmpはEcho Linkの上記特長に加えて、対応する左右のスピーカーにケーブル接続できるバインディングポストを備えた、チャンネル出力60Wのステレオアンプを内蔵しています。Echo LinkとEcho Link Ampのいずれも、音量を微調整できる音量ダイアルや安定したインターネット接続を実現するイーサネットポートを装備しています。

お客様が設定したスマートホームのスピーカーグループ内*3でEcho LinkやEcho Link Ampを「優先スピーカー」に指定すると、同じグループ内のEchoデバイスを通じてAlexaに繋がり、お気に入りの音楽の再生*4や音量の調整ができます。また、Echo LinkやEcho Link Ampに繋いだ既存のオーディオシステムをマルチルームミュージックのグループへ追加すれば、複数の部屋で同じ楽曲のストリーミング再生が可能になります。さらに、Echoデバイスが置かれているすべての部屋を「すべての部屋」というグループに設定し、Alexaに「アレクサ、『すべての部屋』で音楽をかけて」と呼びかければ、家中で音楽をお楽しみいただけます。またAlexaアプリから、Echo LinkもしくはEcho Link Ampで再生する楽曲を操作することも可能です。

Echo Linkの価格は24,980円(税込)、Echo Link Ampは36,980円(税込)で、それぞれAmazon.co.jp( https://www.amazon.co.jp/echolinkhttps://www.amazon.co.jp/echolinkamp )にて本日から販売を開始します。

*1 Echo LinkとEcho Link Ampにはスピーカー・マイクアレイが搭載されていません。
*2 価格はいずれもAmazon.co.jpでの販売価格です。
*3 製品によっては別途接続するためのハブ(別売)が必要となる場合があります。
*4 サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る