• トップ
  • リリース
  • アクセンチュアのリーダーが実践する3つの“意外な”チーム術!!『結果を出し続けるチームリーダーの仕事術』新発売!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社 学研ホールディングス

アクセンチュアのリーダーが実践する3つの“意外な”チーム術!!『結果を出し続けるチームリーダーの仕事術』新発売!

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)18時00分配信 PR TIMES


株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇秀行)は、書籍『結果を出し続けるチームリーダーの仕事術 アクセンチュア社員が実践する超一流のマネジメント』(坂本啓介・著/定価:本体1400円+消費税/四六判・本文208ページ)を発売いたしました。
[画像: http://prtimes.jp/i/2535/928/resize/d2535-928-616347-0.jpg ]



◆なぜ、アクセンチュアのリーダーは結果を出せるのか?


世界38万人以上の社員数を誇り、米フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」に14年連続で選出されている、総合コンサルティング会社・アクセンチュア。そんな最先端企業・アクセンチュアに、今熱い注目が集まっています。

「なぜアクセンチュアは、確実に結果を出すことができるのか?」
「なぜ、その結果を持続させることができるのか?」
「そんなに優れた人材ばかりを集めているのか?」

本書ではこうした疑問に答え、同社の事業最前線であるインストラクチャ・アウトソーシング部門のシニア・マネージャーとして豊かな経験を積まれている坂本啓介氏が、自らの成功・失敗体験を交え、今まで対外的に語られることのなかった同社独自の「チーム戦略」を初公開。
「チームによる結果の出し方」や、初めてリーダーになった人でも、確実に成果に結びつけることのできる「リーダー術」など、惜しげもなく公開しています。


◆本当!? アクセンチュア流・3つの“意外な”チーム術!!


アクセンチュアといえば、遂行困難なミッションに果敢に挑み、粘り強く結果を出す「最強コンサル戦士」のイメージが強いでしょう。しかし本書では、チームマネジメントの意外な“必殺技”も明かされています。

【1】リーダーは常に“ヒマ”であるべし!
リーダーがまずやるべきこと。それは、時間的、精神的に余裕を持つことです。つまり、“ヒマ”な状態でいるということ。なぜならリーダーは、日々発生する決断事に、“即”対応することが求められるからです。これは、業務に忙殺されていたらできません。さらにリーダーは、長期的スパンでビジネスを見て、分析し、変革を行うことで、新しいビジネスや価値の創造に着手する必要があります。リーダーは、業務を抱え込むのではなく、チームメンバーに振り分けつつ、予定の精査を行なうなど、意識的に業務を見直し続ける必要があるのです。

【2】“笑い”で安心感を生む!
リーダーがチームメンバーと信頼関係を築くためには、尊敬されると同時に、安心感を与えられる必要があります。この安心感に大事なのが「面白さ」です。
リーダーがメンバーにひと声かけて笑いを誘ったり、ちょっとした冗談でチームを盛り上げて雰囲気を変える。こうしたことで、メンバーの心に安心感が生まれます。
リーダーは日頃から使える面白ネタを収集し、話を組み立て、人前で披露し、反応を見て話を修正する、という訓練をするといいでしょう。まさに「笑いのPDCA」です。これを繰り返すことで、「面白いリーダー」として、信頼と安心感をメンバーに与えることができるのです。

【3】「チームを牽引するにはリーダーの“見た目”が大事!
「笑い」ともう1つ、リーダーがチームメンバーに尊敬され、安心感を与える上で必要な要素が「格好よさ」です。これは、顔かたちの格好よさということではなく、服装、身だしなみ、立ち居振る舞いや話し方の格好よさがリーダーには大切ということ。リーダーのこうした面が格好よくないと、どんなに能力的に優れていても、信頼されない、尊敬されない可能性が高いのです。もともと人間は、理性でなく感情の動物と言われる通り、信頼関係が生まれる背景には理性よりも感情が勝るのです。

リーダーは、自分の“見た目”を客観的に認識し、必要があればためらわず信頼を生むかたちに改善する。そんなアピールが苦手であれば、信頼のおける先輩に教えを受けて改善する。こうして日々努力してキャラクターを形成することで、メンバーの能力を最大限に引き出せる、「安心」と「尊敬」を与えられるリーダーになるのです。

ここにご紹介したのは、本書に掲載された「チームマネジメント」のほんのさわり。メインコンテンツである「チーム戦略」は、まさにトップコンサルティングファーム・アクセンチュアならではの密度の濃い出色の内容です。
ただ目標に向かって不眠不休でつき進むのではなく、リーダーの人間性を発揮するアクセンチュアの“人間臭い”リーダー術。同社の掲げる「最大の武器は、人」の意味が、納得できる一冊です。

【目次】
第1章 アクセンチュア流チームリーダー・7つの原則
第2章 チームの成果を最大化し、結果を出し続ける7つのアクション
第3章 チームをつくる
第4章 チームをマネジメントする
第5章 チームに実行力&マインドを吹き込む

[商品概要]
『結果を出し続けるチームリーダーの仕事術 アクセンチュア社員が実践する超一流のマネジメント』
定価:1,400円+税
発売日:2016年11月29日
判型:46判/208ページ
電子版:あり
ISBN:978-4-05-406516-1
発行所:株式会社学研プラス
【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4054065163
・楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14495566/
・セブンネット http://7net.omni7.jp/detail/1106710485
・学研出版サイト http://hon.gakken.jp/book/1340651600

【学研プラス最新ニューストピックス→http://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/7512
●なぜ、子どもにプログラミング教育が必要なのか? 岡嶋裕史・中央大学准教授 特別インタビュー 【プログラミング必修化に備えて】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000925.000002535.html
●イヌ派もネコ派も「へぇ〜」とうなる。親子で楽しめる大人気クイズ図鑑シリーズの新作が登場!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000927.000002535.html
●「ためない」暮らしをすれば、ストレスもたまらない――身軽で心地よい収納の“ルール”を大公開。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000926.000002535.html
●「見せたい、撮りたい」おもてなしごはんは“テーブルスタイリング”と“簡単おしゃれなレシピ”がポイント!『カフェみたいなごはんを楽しむ本』発売!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000923.000002535.html
●「カップのふち」にちょこん♪ 『かわいすぎる カップのふちクッキー』発売。冬のティータイムや、クリスマスパーティーのおもてなしにピッタリ!
http://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/2535

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る