• トップ
  • リリース
  • なぜ、子どもにプログラミング教育が必要なのか? 岡嶋裕史・中央大学准教授 特別インタビュー 【プログラミング必修化に備えて】

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社 学研ホールディングス

なぜ、子どもにプログラミング教育が必要なのか? 岡嶋裕史・中央大学准教授 特別インタビュー 【プログラミング必修化に備えて】

(PR TIMES) 2016年12月07日(水)17時58分配信 PR TIMES


株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)では、大人気ゲーム『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプ(短期集中講座)を、12月26日(月)に開催いたします。開催にあたって学研プラスでは、セキュリティの専門家で、プログラミングやIT関連の著書を多数執筆されている岡嶋裕史・中央大学准教授に特別インタビューを実施しました。
★【インタビュー全文掲載サイトURL】http://gakken-tech.jp/article01/

・なぜ、子どもにプログラミング教育が必要なのか?
・プログラミングを学ぶことでどんな効果を得られるのか?
・将来どのように活かせるのか?

プログラミング教育に関心のある、すべての保護者の方が関心を寄せているテーマです。

文部科学省は現在、小学校でのプログラミング教育の必修化を検討し、2020年度からの新学習指導要領に盛り込む方向で検討を進めています。それに伴ってスクールやイベントが多数開講し、プログラミング教育が大きな注目を集めています。
一方で、その教育自体の必要性や将来性について、保護者の方や子どもたちにしっかりと届く形でのレポートや議論はまだ少ないのが現状です。今回のインタビューは、プログラミング教育の必修化に備えて専門家の意見と考えを聞くことができる貴重な内容になっています。

[画像1: http://prtimes.jp/i/2535/925/resize/d2535-925-204586-0.jpg ]



プログラミングがすべての人のインフラになる


――なぜプログラミング教育が必要なのかといえば、これからの社会において仕事の進め方が大きく変わっていくからです。現代ではどんな仕事を選んでも、情報技術とは切り離せません。そういった社会では、プログラミングの基本的な知識の有無で、リーダーシップや他者とのコミュニケーション能力に大きな差がついてしまうわけです。


情報格差が広がる時代


――長い間言われていることではありますが、今後さらに情報格差が広がってしまう可能性があります。わかっている人とわかっていない人の差がどんどん開くのです。たとえば最低限の法律を知っているか知らないか、経済を知っているか知らないかで、人生が大きく変わってしまったりします。情報技術も必須の教養のひとつになりつつあり、わからないとすごく損をしてしまうかもしれない時代が、そこまで来ている気がします。


考えるクセが身につく


――勉強でも遊びでもスポーツでも、漠然と目の前のことをやっていた子どもが、見通しを立ててから物事に取り組めるようになる効果が測定できました。プログラミングは、見通しをコンピュータに教えてあげる作業ですから、最初に考えるクセがつくのかもしれません。


プログラミングで成功体験を積み上げる


――プログラミングを学ぶことで、自分でコントロールする快感が生まれるのかもしれません。指示通りにすべて動くし、指示がうまくいかなければくやしい。失敗とチャレンジを繰り返して、うまくいったときの成功体験も得られるわけです。若年時に適切な失敗と成功の体験を積んでおくことは、とても重要です。しかし、いまはそれが得にくい社会です。プログラミングで少しでも積み増せればいいですね。

[画像2: http://prtimes.jp/i/2535/925/resize/d2535-925-880014-1.jpg ]

Profile:岡嶋 裕史
1972年東京都生まれ。中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了。博士(総合政策)。富士総合研究所(現みずほ情報総研)、関東学院大学准教授、同 情報科学センター所長を経て、2015年4月より中央大学総合政策学部准教授。朝日新聞出版「大学ランキング2016」メディアへの発信度(教員:書籍)8位。プログラミング・IT関連の著書が多数あり、NHKEテレ『趣味どきっ』などで初心者向けのパソコン・ITの講師を務める。


【学研のマインクラフトプログラミングキャンプ】
[ 詳細・お申し込みサイト:http://gakken-tech.jp ]
※サイト上で注意事項をご確認のうえお申し込みください
○開催日:2016年12月26日(月)
○開催時間:10:00〜17:00(昼食と休憩時間含む)
○開催場所:学研プラス3Fホール(東京都品川区西五反田2-11-8)
○定員:100名(先着順)
○参加費:15,000円(税別)
○対象:小学2年生〜中学3年生(小学2年生未満、高校生以上はご相談ください)
○主催:株式会社学研プラス http://gakken-plus.co.jp/
[お問い合わせ先]
株式会社学研プラスPCチーム
E-MAIL:gakken-it-plus@gakken.co.jp
TEL:03-6431-1534



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る