• トップ
  • リリース
  • 600点に必要なポイントを戦略的にマスター「3週間で攻略 TOEIC(R) L&Rテスト600点!」3月30日発売

プレスリリース

  • 記事画像1

600点に必要なポイントを戦略的にマスター「3週間で攻略 TOEIC(R) L&Rテスト600点!」3月30日発売

(PR TIMES) 2017年03月30日(木)13時34分配信 PR TIMES

全パート基礎力強化〜本番対策まで、この1冊に全部お任せ

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、新刊『3週間で攻略 TOEIC(R) L&Rテスト600点!』のご案内を申し上げます。
[画像: https://prtimes.jp/i/888/908/resize/d888-908-328197-0.jpg ]

本書はTOEIC(R)L&Rテストで600点を取るために必要な力が15日間(週5日×3週間)で無理なく身につくよう、カリキュラムを設計。全パート基礎力強化、解答テクニック養成、本番シミュレーションまで、この1冊に全てお任せください。

<本書のポイント>
1) 600点奪取に必要な項目を集中的に
1日90分、週5日×3週間で600点を取れる実力が無理なく身につく、超・実戦的カリキュラム。頻出問題を得点源に変えるオリジナルトレーニングも満載です。

2) できる人の思考プロセスを完全図解
本書では、Part1〜7の代表的な問題について、スコアを取れる人が何を手がかりにその正解を導き出しているのか、思考の過程を解説しています。

3) ミニ模試付き、実戦対策も十分
3週間プログラムの最終日は、本番の4分の1サイズ(50問)のミニ模試で仕上げましょう。最新傾向が反映された問題で、実戦さながらの演習ができます。

〜600点を戦略的に取るための学習項目〜(※以下は本書の一部です)
Part1
・写真のチェックポイントを知ろう
・写真描写に頻出する5大構文

Part2
・疑問文6つの定番を押さえる
・難度の高い応答パターンを攻略する

Part3
・設問タイプ別の解き方を知る
・グラフィック問題・意図問題の秘訣

Part4
・頻出トークの型を知ろう(電話メッセージ・アナウンス・社内トーク)

Part5
・早解き問題とそうでない問題を見極める

Part6
・「独立タイプ」「文脈タイプ」それぞれの特徴をつかむ

Part7
・自分なりの読み方を決める
・2文書・3文書問題に慣れる

<商品情報>
【タイトル】3週間で攻略 TOEIC(R) L&Rテスト600点!
【URL】http://ec.alc.co.jp/book/7016081/
【価格】1,890円(税込)
【サイズ】A5判、348ページ
【付属商品】CD-ROM1枚(MP3音源:約83分)
【ISBNコード】978-4-7574-2875-1
【著者】渋谷奈津子、池田真紀子
【著者プロフィール】
渋谷奈津子(しぶや・なつこ)
千葉県松戸市とブラジル・リオデジャネイロ市で育つ。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。事務機器メーカー勤務後、コロンビア大学ティーチャーズカレッジにてTESOL(英語教授法)修士号取得。ヒロ前田氏とロバート・ヒルキ氏が主催する「TOEIC(R)テスト スコアアップ指導者養成講座」(TTT)の第7期生(2011年)。企業研修、大学、一般向けのセミナーでTOEIC指導とスピーキングクラスを担当し、英語発信力を高めるための指導法を研究中。英検1級、TOEIC(R) L&Rテスト990点、S&Wテスト400点取得。趣味は数独を解くこと。

池田真紀子(いけだ・まきこ)
中央大学文学部文学科卒業後、JTB(海外支店、海外手配部門)、ニュージーランド政府観光局勤務を経て、大手英会話学校にて英語講師として勤務。2008年に独立し、守谷イングリッシュポケット英語教室を開校。教室を運営する傍ら、大学や一般向けのセミナーでTOEIC指導を行う。学生時代に英語嫌いだった自身の経験から、受講者の英語力向上と楽しく英語を学べる授業の両立を目指し日々追求している。コロンビア大学ティーチャーズカレッジCertificateコース修了。「TOEIC(R)テスト スコアアップ指導者養成講座」(TTT)の第7期生。

≪電子書籍版も Amazon kindle、楽天kobo、Google Play Booksなど主要電子書店で同日発売≫
<amazon>
http://amzn.asia/bYUD7aa

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る