• トップ
  • リリース
  • エヌシージャパン、スマートフォン向けモバイルアプリゲームの自社開発スタジオ「LIONSHIP STUDIO」設立・新規メンバー募集

プレスリリース

  • 記事画像1

エヌ・シー・ジャパン株式会社

エヌシージャパン、スマートフォン向けモバイルアプリゲームの自社開発スタジオ「LIONSHIP STUDIO」設立・新規メンバー募集

(PR TIMES) 2016年08月31日(水)18時09分配信 PR TIMES


エヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン)、以下エヌシージャパン)は、日本国内をターゲットとしたスマートフォン向けモバイルアプリゲームの自社開発のため、小川陽二郎を代表とする「LIONSHIP STUDIO(ライオンシップスタジオ)」を、本日2016年8月31日(水)に新設いたしました。
[画像: http://prtimes.jp/i/1868/897/resize/d1868-897-732889-1.jpg ]

エヌシージャパンは、リネージュシリーズなど14年以上にわたるPCオンラインゲームの運営実績と、NCSOFTから連なる優れた技術力とを活かし、リッチ化するモバイル市場に新しいゲーム体験を提案すべく、スマートフォン向けゲームに特化した新スタジオの設立にいたりました。

PCおよび家庭用ゲームに近いクオリティを保ちながら、スマートフォンのスペック、未来の生活シーンに合わせて進化した『ハイブリッド・ゲーム』の提供を目指します。

■LIONSHIP STUDIOの特徴
1) メンバーは家庭用ゲーム・ソーシャルゲーム経験者のハイブリッド・チーム
2) 開発中のタイトルはリッチな3Dグラフィックかつ、既存にとらわれない新しいゲーム性
3) 幅広い年代・得意分野の異なるメンバーが個性を活かす自由な環境

第一弾タイトルは2017年内のリリースを予定しており、現在新規メンバーを積極採用中です。

将来的にはワールドワイドに向けてのサービスも視野に入れており、『世界に通用する』コンテンツ作りのための仲間を幅広く募集いたします。

スタジオ詳細は公式サイトおよび、エヌシージャパン採用ページをご覧ください。

<スタジオ概要>
・スタジオ名 :LIONSHIP STUDIO
・開始日 :2016年8月31 日(水)
・公式サイト :http://lionship.jp/
・採用ページ :http://recruit.ncjapan.co.jp/

■代表者プロフィール
小川 陽二郎(おがわ ようじろう)
大手コンシューマゲーム会社にて、有名シリーズタイトルを含む数々のコンシューマゲームのタイトルの開発・プロデュースを手掛ける。2016年よりエヌシージャパンに入社。新規スタジオの立ち上げとともに、新IPの創設を目標として新たなゲーム開発を行っている。

<エヌシージャパンについて>
・社  名:エヌ・シー・ジャパン株式会社
・所 在 地:東京都渋谷区恵比寿1-19-19恵比寿ビジネスタワー 10階
・資 本 金:375百万円
・設 立:2001年9月
・代 表 者:金 澤憲(代表取締役)
・事業概要:エヌシージャパンは、世界最高の技術力を基にし、オンラインゲームを中心としたビジネスを個人ユーザーとネットカフェに提供しています。タワー オブ アイオン、リネージュ、リネージュ2、ブレイドアンドソウルを高度のコンテンツ戦略でパブリッシングし、オンラインゲーム業界における確固たる位置づけを確立。2007年にフィーチャーフォン向けゲームアプリの提供も開始し、アプリの累積ダウンロード数は約500万件を超えております。
また、ガイドブックなどの書籍や、パッケージ、フィギュアの企画販売などキャラクターのライセンスビジネスにも参入し、優れた実績を上げており、日本全国に約2,100の公認ネットカフェとのネットワークを活用した様々なビジネスノウハウも有しています。
http://www.ncjapan.co.jp/

(C) NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
※このプレスリリースの内容は2016年8月31日現在のものです。諸般の事情により、予定を変更する場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る