• トップ
  • リリース
  • 「女子高生ミスコン2016-2017」グランプリは関西地方代表ゆきゅんさんに決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

フリュー株式会社

「女子高生ミスコン2016-2017」グランプリは関西地方代表ゆきゅんさんに決定!

(PR TIMES) 2017年03月30日(木)12時50分配信 PR TIMES

“りこぴん”に続け!「女子高生ミスコン2016‐2017」にて“日本一かわいい女子高生“が決定!

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗、以下、フリュー)は、2017年3月29日(水)に“日本一かわいい女子高生”を決定するコンテスト「女子高生ミスコン2016-2017」の全国ファイナル審査を渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)にて実施し、グランプリ1名他を決定いたしました。今回グランプリに選ばれたのは、関西地方代表のゆきゅん(船越雪乃)さん。応募総数約37万人の中から見事グランプリに輝きました。
 また「女子高生ミスコン2017-2018」の開催を発表。2017年4月1日(土)より公式サイト上にて先行エントリー、2017年7月よりプリントシール機(以下、プリ機)によるエントリーの受付を開始いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5167/890/resize/d5167-890-736085-9.jpg ]

「女子高生ミスコン2016-2017」審査結果
左:グランプリ受賞 関西地方代表 高2 【ゆきゅん(船越雪乃)】さん 
右:準グランプリ受賞 九州・沖縄地方代表 高3【みなみ(亀井南美)】さん

「女子高生ミスコン2016-2017」では、女子高生の生活習慣に基づいたエントリーおよび審査方法を採用。女子高生の日常生活に欠かせないプリ機をエントリーの主な窓口とし、審査過程においても、プリ機やTwitterなどを通して審査を行いました。“日本一かわいい女子高生”を同世代である女子高生らが選ぶという、一般的なオーディションとは一線を画すミスコンプロジェクトです。

 2016年12月に決定した14名の「全国ファイナリスト」たち(全国6エリアの地方代表12名とシード枠2名)は、最終審査に向けてさまざまな努力を続けてまいりました。2016年12月下旬から2017年3月にかけて実施された合宿やレッスンでは、プロの講師による歌唱・ダンス・演技・ウォーキングなどを受講。また、最終審査において重要選考項目となる“プリ機投票数”を獲得するため、YouTube番組やTwitterなどを通して一般投票者に向けた自己PRを実施いたしました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5167/890/resize/d5167-890-284310-2.jpg ]


「全国ファイナル審査」では、MCであるNON STYLE 石田明さん進行のもと実技審査を実施。審査員らは実技審査の結果と、プリ機での投票結果(実施期間:2016年12月22日から2017年3月8日まで/総投票数:約79万票)をもとに、グランプリ1名と各部門の受賞者を選出いたしました。

グランプリに輝いた“ゆきゅん”さんには、“「女子高生ミスコン2017-2018」PR大使”として雑誌やテレビなどにおいて本ミスコンのPRを行っていただくほか、大手芸能事務所へ所属できる権利などを授与いたしました。
 “ゆきゅん”さんのTwitterフォロワー数は現在約6600人となっており、女子高生の中で人気アカウントの一つとなっております。ゆきゅんTwitterアカウント:@spyaironepark




◆「女子高生ミスコン2016-2017」全国ファイナル審査


[画像3: https://prtimes.jp/i/5167/890/resize/d5167-890-413087-5.jpg ]

<概要>
[日時] 2017年3月29日(水) 16:00〜
[会場] 渋谷ヒカリエ ヒカリエホール(東京都渋谷区)
[登壇者]
MC
 :NON STYLE 石田明さん(よしもとクリエイティブエージェンシー)
女子高生ミスコン2016-2017」アンバサダー
 :ちぃぽぽ(吉木千沙都)さん
「女子高生ミスコン2016-2017」プレゼンター
 :りこぴん(永井理子)さん(女子高生ミスコン2015-2016グランプリ)
スペシャルゲスト
 :りゅうちぇるさん

<実技審査項目>
1.ウォーキング審査
スタイル・姿勢・歩き方などを審査。
参加者は白Tシャツ・ショートパンツ姿でランウェイをウォーキングしました。
2.ダンス&ヴォーカル審査
運動神経・表現力・歌唱力などを審査。
制服姿のファイナリスト14名全員でダンスと歌唱を披露しました。
3.演技審査
演技力を審査。
昨年に引き続き、原宿系個性派読者モデルであり、バラエティ番組などでも大活躍中の“りゅうちぇるさん”がゲストとして登場。
参加者は2人1組となり先生役のりゅうちぇるさんと共に、“ケンカ”をテーマとした演技を披露しました。

<審査員> (敬称略)
株式会社角川春樹事務所  :Popteen編集長 森 茂穂
株式会社ぶんか社  :JELLY編集長 福田 京平
株式会社主婦の友社 :SCawaii!編集長 影山 和美
株式会社エイチジェイ :代表取締役 池田 隼人
株式会社ネットネイティブ :代表取締役 松下 佳憲
フリュー株式会社  :GIRLS'TREND研究所所長 稲垣 涼子


<「女子高生ミスコン2016-2017」結果一覧>
受賞者には、下記の権利を授与いたします。


[画像4: https://prtimes.jp/i/5167/890/resize/d5167-890-900496-10.jpg ]


◆「女子高生ミスコン2017-2018」の実施予定について
2017年4月1日(土)より、「女子高生ミスコン」第3回大会となる「女子高生ミスコン2017‐2018」の先行エントリーを開始いたします。また、2017年7月1日(土)からは、フリューが2017年夏に発売する最新プリントシール機にてエントリー受付を開始いたします。詳細スケジュールおよび賞典内容に関しては、順次発表予定です。
「女子高生ミスコン2017‐2018」公式サイト http://jkmisscon.jp/

◆「女子高生ミスコン2016-2017」概要
[名称] 女子高生ミスコン2016-2017
[主催] フリュー株式会社、株式会社エイチジェイ、株式会社ネットネイティブ(3社共同開催)
[応募資格] 事務所に所属していない15〜18歳の女性(2016年4月2日時点)
[総応募数] 約37万人
[総投票数]
・地方予選 約114万票(モデルプレス投票+プリ機地方投票)
・全国大会 約79万票(プリ機全国投票)
[公式サイト] https://sp.pictlink.com/sp/special/misscon_2015/top
[公式Twitterアカウント]
女子高生ミスコン公式アカウント(@JKmisscon) https://twitter.com/JKmisscon
[YouTube番組]
「女子高生ミスコンFINALIST」 http://j.mp/jkmisscon_YouTube
 地方ファイナル審査から最終審査に至るまでの全国ファイナリスト14名の様子を収めたドキュメント番組です。女子高生らのレッスンに取り組む様子やなにげない日常の会話などをYouTubeを通して配信しています。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Ps7ddv8hmTk ]


[選考方法/スケジュール]
[画像5: https://prtimes.jp/i/5167/890/resize/d5167-890-214987-4.jpg ]



<関連URL>
◆「女子高生ミスコン2016-2017」 概要発表 ニュースリリース
http://www.puri.furyu.jp/allnews/press/20160510_missjk/
◆「女子高生ミスコン2016-2017」 地方ファイナリスト決定 ニュースリリース
http://www.puri.furyu.jp/allnews/press/jkmisscon_areafinalist_20161210/
◆プリ機『UP(アップ)』ニュースリリース
http://www.amg.furyu.jp/allnews/press/20150512_shirayuki/


※本リリースに記載の内容は予告なく変更になる場合がございます。
※『UP』、「ピクトリンク」他は、フリュー株式会社の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る