• トップ
  • リリース
  • 英検(R)1級に10回合格したエキスパートの勉強法を大公開、『英検(R)1級合格マップ』12月15日発売

プレスリリース

  • 記事画像1

英検(R)1級に10回合格したエキスパートの勉強法を大公開、『英検(R)1級合格マップ』12月15日発売

(PR TIMES) 2016年12月15日(木)15時32分配信 PR TIMES

あこがれの資格試験、英検(R)1級に合格するための最強ノウハウ&ルートマップ

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、新刊『英検(R)1級合格マップ』のご案内を申し上げます。
[画像: http://prtimes.jp/i/888/882/resize/d888-882-697235-0.jpg ]


英語4技能資格試験の最高峰、英検1級。「語彙」「読解」「聴解」「作文」問題に加え、「即興スピーチ」も課される難関テストですが、「受かるコツ」は存在します。本書は、回り道をせず英検1級合格にたどり着くためのルートマップ(道案内)。SEとして多忙な日々を送りながら、英検1級にこれまで10回合格している著者が、効果実証済みの学習法、教材、オンラインサービスや試験中のテクニックなどを丁寧にガイドします。

<本書の特長>
■英検1級試験の内容と攻略法が分かる。
学習者視点で、問題形式や難易度を分析、解説。筆記試験のタイムマネジメントやリスニング中のメモの取り方など、実践的なテクニックが学べます。リスニング問題のサンプル(抜粋)の音声はダウンロード可能です。

■「何を、どれだけ、どう勉強すればいいか」が分かる。
「語彙力・読解力・リスニング力にも不安がある人」「英作文、スピーチなど発信力に不安がある人」の2タイプに分け、工程表を提示しました。

■2016年度からの採点方式についても分かる。
英検1級対策ゼミ「サクシード」を主宰するブロガーHiroshiさんによるコラムでは、CSE2.0に基づく新採点方式で、合格に必要なスキルがどう変わったかを分析。新傾向に合わせた対策ができます。

■「英作文」「スピーチ」問題の合格ラインが分かる。
著者を含む1級合格体験者が、本試験と同条件で挑んだ「英作文」「スピーチ」例をそのまま収録(スピーチは音声も配信)。「完璧でなくても、これくらいできれば合格できる」というリアルなボーダーラインを知ることができます。

■「合格体験記」でみんなの取り組み方が分かる。
バックグラウンドがさまざまな、1級合格者5人の体験記を掲載。学習の参考になります。

<商品情報>
【タイトル】英検(R)1級合格マップ
【URL】http://ec.alc.co.jp/book/7016074/
【価格】1,728円(税込)
【サイズ】A5判、176ページ
【付属商品】CD1枚、音声ダウンロード
【ISBNコード】978-4-7574-2850-8
【著者】Jun
【著者プロフィール】システムエンジニアとして働く傍ら、2012年にTOEICテストに魅せられて以来、L&Rテスト満点(990点)を14回取得。英検1級は2013年に初受験で合格、その後も高得点を目指して連続受験し、現在(2016年12月)までに10回合格。他にも、TOEIC SW、TOEFL、IELTS、Versantなど多数の英語資格試験に挑戦し続けている。高校2年次に交換留学プログラムでアルゼンチンへ1年留学した経験もあり、スペイン語の日常会話には今でも困らない。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る